越後 倉田城



お城のデータ
所在地 新潟県胎内市関沢字倉田
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 丘城 築城者: 関沢氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 倉田城は、関沢地区北側の小高い丘に築かれている。 丘の南側斜面には関沢神社があり、東側参道の途中から城跡まで遊歩道が整備されていた。

 倉田城は、丘の頂上部に主郭を置き、西の尾根筋に二段の段曲輪と大堀切、北には帯曲輪と2条の土塁、そして東側には堀切と小曲輪が配された縄張りで、小さいながらも関沢館の有事の城であったと思われた。


歴     史

 倉田城は、築城年代は定かではないが関沢氏によって築かれた。 関沢氏は、建治3年に三浦和田時茂の孫義基が南条の地を分知され関沢氏を称した。

 関沢氏は、鎌倉時代に北条得宗家と関係が深く、元弘3年に鎌倉幕府が滅びると南条の地は北条得宗家領と見なされ、元弘没収地とされたため、関沢氏宗家は没落した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR羽越本線中条駅〜バス/星の宮町
 車 : 日本海東北道中条IC〜県道591号線〜国道7号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
南条関沢氏の有事のお城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 胎内市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県