陸前 彫堂七館



お城のデータ
所在地 宮城県遠田郡美里町北浦字山前
遺 構 曲輪、土塁、空堀、堀切
形 式 平山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
彫堂七館とは、山前館・長館・大館・小館・陣館・狼之介館・彫堂・笹館の八館から構成されている。

 山前・長館・大館が一つの丘の尾根に並び、小館・陣館・狼之介・彫堂が大館のの尾根から北側に東西に伸びる丘の上に連結式に並び、笹館のみ少し離れた独立丘に築かれている。

 現在は、蜂森谷森林公園として小館以下4つの曲輪が公園化されている。 小館を取り巻く空堀と土塁、陣館と狼之介館の間の堀、彫堂を取り巻く空堀と土塁が、公園化にもかかわらず比較的良好な状態で遺構を確認することができた。


歴     史

 彫堂七館は、築城年代や築城者については定かでない。 南北朝時代に、吉良・畠山両管領が抗争した時、大崎氏が吉良氏を支援したのに対抗して、畠山氏が長世保(松山の山王館か?)に館を築いたのに対抗して、大崎勢が蜂森に陣を構えたという。 この蜂森の陣が彫堂七館と推定される。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東北本線小牛田駅〜徒歩約15分
 車 : 東北道古川IC〜国道47号線〜県道32号線
駐車場: 蜂谷森森林公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
八つの館から構成されたお城。

宮城県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県