紀伊 榎 城



お城のデータ
所在地 和歌山県日高郡印南町島田字名杭
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 榎城は、名杭城のある城山から西に連なる尾根筋にある三つのピークに築かれた城だ。 名杭城と至近距離に築かれているだけに何らかの関連があると推測できる。

 城の縄張りは、三つのピークの内、最高所のピークに主郭があり、北のピークに北の出曲輪、西のピークに西の出曲輪がある。 主郭には、三段の曲輪群と堀切・竪堀・土塁がある。

 北出曲輪は、関西電力の鉄塔が建てられいるが、曲輪を取り巻く土塁と堀切が残り、西側にある二重堀切が見応えがある。

 西出曲輪は、主郭から4ヶ所の堀切を経たところにあるピークに三段の曲輪から成り、土塁と畝状竪堀群の遺構が残っている。


歴     史

 榎城は、築城年代や築城者について詳細は定かではない。


お城へのアクセス
鉄 道: JR紀勢本線切目駅〜徒歩約20分(登城口)
 車 : 阪和道印南IC〜国道42号線〜県道197号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
三つのピークに築かれた曲輪群、見どころたっぷりの無名のお城。
  • 榎城の道しるべ
    切目駅から県道197号線を切目川によって山間へと進む。 阪和道の下を通過して直ぐの細い道を右手に入り、小さな集落の中を進む。 道なりに進むと再度阪和道に行き当たる。 この地点の手前50mほどの所に神社への参道がある。 この参道から山道へ、これが登城道。

和歌山県お城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県