駿河 江尻城



お城のデータ
所在地 静岡県静岡市清水区二の丸町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 武田信玄 築城年代: 永禄12年


見 ど こ ろ

 江尻城は、蛇行する巴川を利用して築かれた城だ。 縄張りは、武田氏の中でも築城の名手と云われた馬場信春が行ったとか。 現在は、巴川の流れも往時とは異なるが、それでも随所に城の名残を地名などに見いだすことができる。 江尻小学校グランド内の片隅に江尻城の石碑と案内板が建てられいる。


歴     史

 江尻城は、永禄12年武田信玄によって築かれた。 今川氏真を滅ぼした武田氏は駿河統治の拠点として江尻城を重要視し、城将にも山県昌景、後に穴山信君と重臣を城将とした。

 天正6年、城将穴山信君は、江尻城の大改修を行い城下町も整えた。 天正10年、駿河へ攻め入った徳川家康に穴山信君は降伏して江尻城を明け渡した。 その後、慶長6年に江尻城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線清水駅〜徒歩約10分
 車 : 東名清水IC〜国道1号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
武田信玄の駿河統治の拠点となったお城。

静岡県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県