河内 烏帽子形城



お城のデータ
所在地 大阪府河内長野市喜多町
遺 構 曲輪、土塁、空堀、井戸
形 式 山城 築城者: 楠木正成 築城年代: 正慶元年


見 ど こ ろ

 現在、烏帽子形公園として整備されいる。 駐車場から遊歩道「堀の道」を登る。 時間的には15分程度で山頂の本丸に登り着くが、この遊歩道結構きつい。

 しかし、西の曲輪から本丸へのルートだけに、空堀底を歩き、堀切を渡る、お城めぐりFANにとっては最高のルートだ。

 山頂の本丸北側は、急斜面となっている。 曲輪は、本丸を取り囲むように、東・南・西の三方向に配置され、それぞれの曲輪に土塁と空堀が良く残っている。 また、山麓の烏帽子形八幡宮のある辺りが、城主の居館があったところらしい。


歴     史
(現地案内板より)

 正慶元年、楠木正成が赤阪城の出城として築城した。 南北朝の争乱期には、この城をめぐっての争奪戦が繰り返された。

 室町期には、河内守護畠山氏の家督争いに伴い、この城付近がたびたび戦場となった。 戦国期の天文年間は、甲斐庄隆成が城主となったが、畠山定国に攻められ落城している。

 天正年間には、橘長治が城主となった。 長治は元亀年間に徳川家康に召し抱えられ河内を離れる。 その子橘正治が大坂の陣での戦功により2,000石で城主として返り咲くが、元和3年に城は廃城となる。


お城へのアクセス
鉄 道: 南海高野線河内長野駅、近鉄河内長野線河内長野駅〜バス/上田
 車 : 阪和道美原北IC〜国道309号線/富田林〜国道170号線/河内長野
駐車場: 烏帽子形公園の無料駐車場(15台程度)あり。


ひとくち MEMO
丘陵一帯に空堀によって隔離された曲輪群が残るお城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ 河内長野市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県