近江 堂木山砦



お城のデータ
所在地 滋賀県長浜市余呉町東野
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 羽柴秀吉 築城年代: 天正11年


見 ど こ ろ

 堂木山砦は、余呉駅の北側に低い丘陵が連なっている東端部に築かれていた。 

 堂木山砦の縄張りは、尾根のピークに土塁に囲繞された主郭を置き北と東に虎口が設けられている。 この砦の中で一番の見どころと云える主郭北の食い違い虎口を経て北の曲輪があり、曲輪北側には堀切を設けている。

 主郭東側の虎口から主郭西側の堀切を経て西側には西の曲輪があり、低い土塁が残っていた。 西の曲輪から尾根筋を西へ。 馬蹄形の土塁が残る小曲輪の先には、古道の峠が切り通し(堀切)となっていて砦の西側の防衛も兼ねていた。


歴     史

 堂木山砦は、天正11年の賤ヶ岳合戦に際し、近江へと南進する柴田勝家方の北国軍を東野山砦と堂木山砦・神明山砦を結ぶ防衛ラインで阻止するために羽柴秀吉方によって築かれた。

 堂木山砦は、長浜城主柴田勝豊の重臣山路正国・大金藤八が布陣したが、佐久間盛政の調略で山路正国らは柴田方に寝返り、佐久間勢と共に行動したが羽柴方の反撃により敗走し、正国は討死している。


お城へのアクセス
鉄 道: JR北陸本線余呉駅〜徒歩約15分
 車 : 北陸堂木本IC〜国道365号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
羽柴方の第一関門を構成して柴田方と対峙していた砦。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県