三河 道々目記城



お城のデータ
所在地 愛知県新城市杉山字道目記
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 菅沼定氏 築城年代: 永禄3年


見 ど こ ろ

 道々目記城は、現在の千郷中学校のグランドと横浜ゴム道々目記寮敷地一帯に築かれていた。 道々目記川に面した河岸段丘端を利用した城で、ホームベース様な五角形をした地形であった。

 中学校グランド西側にある豊玉神社があるが、この盛土は土塁の遺構なのか少々疑わしかった。 尚、寮南側の道路沿いに城の標柱が立てられていた。


歴     史

 道々目記城は、永禄3年に菅沼定氏によって築かれた。 元亀2年には田峯城主菅沼定利がこの城に入り、徳川方に与していた。

 元亀4年に武田信玄がこの城に本陣を置き野田城の開城を迫った。 信玄が、野田城を手に入れたが体調不良により帰国の途につき信濃駒場にて死去してしまうと、城は定利に返されたが、天正18年の家康の関東移封後、道々目記城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線新城駅〜バス/千郷小学校前
 車 : 新東名高速新城IC〜国道151号線〜国道301号線
駐車場: なし。(寮西側の量販店駐車場を利用)


ひとくち MEMO
武田信玄が野田城攻めの時本陣としたお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ 新城市のHPへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県