羽後 松山城



お城のデータ
所在地 秋田県大仙市花館字松山
遺 構 曲輪、土塁、空堀、堀切
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
松山城は、雄物川と玉川の合流点南側に位置する丘陵先端部に築かれ、現在、城址は姫神公園として整備されている。

 城の縄張りは、丘陵の二つの尾根にそれぞれ連郭式の曲輪が配置されている。 北側の尾根筋に主郭があり、南からの丘陵部と二重の堀切で遮断し、主郭周囲には空堀が巡らされて、三段の腰曲輪が北に向かって配置されている。

 主郭と平行して南側にある尾根筋には二の曲輪があり、二段の腰曲輪を伴う。 現在、二の曲輪は姫神センターハウスと駐車場となっている。


歴     史

 松山城は、築城年代や築城者については定かでないが、平安時代前九年の役の頃、安倍貞任・宗任が居城したと云われている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線大曲駅〜タクシー約20分
 車 : 秋田道大曲IC〜国道105号線〜市道
駐車場: 姫神公園の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
二重の堀切と土塁が良く残るお城。

秋田県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県