丹波 段山城



お城のデータ
所在地 京都府綾部市高津町
遺 構 曲輪、土塁、堀切、空堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 段山城は、高津城のある八幡山と谷を隔てた西の丘陵先端部に築かれていて、ちょうど隠龍寺の背後の丘陵山頂部が城跡だ。 高津城や更に南に位置する将監城と連携して防禦する出城の役割を担っていたと思われる。

 隠龍寺境内の観音堂脇から緩斜面を直登すると約10分も掛からず東の曲輪に到達する。 

 東の曲輪と主郭の間には浅くはなっているが、空堀の遺構が良く残っていた。 周囲を切岸に整えられた主郭、その北側に二の曲輪があり、さらに北側に堀切がある。 主郭南側は、帯曲輪・堀切・南の曲輪と連なった縄張りとなっている。 規模は小さいながらも南の堀切辺りはなかなか見応えのある遺構がある城であった。


歴     史

 段山城は、築城年代や築城者は定かでないが、指呼の間に大槻氏が築いた高津城や将監城があることから、大槻氏かその一族によって築かれたと推測される。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線高津駅〜徒歩約10分(登城口)
 車 : 舞鶴若狭道福知山IC〜府道525号線〜府道8号線
駐車場: 隠龍寺参拝者用の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小振りながらも主郭切岸や堀切が見応えのあるお城。

京都府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県