豊前 大畑城



お城のデータ
所在地 大分県中津市加来
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 緒方惟栄 築城年代: 元暦元年


見 ど こ ろ

 大畑城は、犬丸川左岸の河岸段丘を利用して築かれている。 現在の七社宮の境内となっている一帯が城址で、神社参道口に大畑城の案内板が立てられていた。

 神社境内と隣接する畑地は、土塁などの城の遺構は何も残っていないが、周囲よりも約7〜8m程高く、台地端は切岸状になっていて、その下の水田はかつての堀の名残であろうか? 


歴     史

 大畑城は、元暦元年に緒方惟栄によって築かれ、緒方氏一族の加来氏が代々城主となった。

 戦国時代に豊後の大友義鎮が豊前へ侵攻した際、城主加来成恒も大友氏に降った。 以後、大畑城は大友氏下毛郡における拠点となった。 天正7年、野仲鎮兼が大友方の諸城を攻略して大畑城を攻めたが、加来統直は大友方の福島氏や成恒氏と加勢を受け野仲勢を敗走させている。

 天正16年に豊前6郡を与えられた黒田孝高に豊前の国人衆が反抗した時、加来統直もこれに荷担したが、黒田氏によって大畑城を攻められ落城した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線中津駅〜バス/加来
 車 : 東九州道中津IC〜国道10号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
豊前下毛郡における大友氏の拠点となったお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ 市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県