三河 武節古城



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市桑原町上鎌井
遺 構 曲輪、土塁、堀切、竪堀
形 式 山城 築城者: 不明 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 武節古城は、武節城のある城山と名倉川を挟んで北正面に位置する半島状に突き出した丘陵の先端部を利用して築かれている。 丘陵の西側にある熊野神社駐車場から東へと約100m程進むと「武節古城」の道標が立てられていた。

 古城の縄張りは、北側の尾根筋を箱堀状の大堀切で遮断し、城内側には土塁を設けて背後の守りを固め、この土塁のある長方形の主郭と北側を除く三方向に小規模な曲輪が数段があった。 現状は、土塁上に案内板が立てられいるが、城内は竹藪とブッシュに覆われ、荒れた状態であった。


歴     史

 武節古城は、築城年代や築城者などは定かでないが、城主として川手法安入道主税助の名が伝えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 愛知環状鉄道四郷駅〜バス/足助〜バス・どんぐりの湯前
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜県道39号線〜国道153号線
駐車場: 熊野神社の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
箱堀状の大堀切があるお城。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県