豊後 高田城



お城のデータ
所在地 大分県豊後高田市玉津字本丸
遺 構 曲輪、石垣、土塁、堀
形 式 平山城 築城者: 高田重定 築城年代: 建久7年


見 ど こ ろ

 高田城は、桂川河口の台地に築かれ、周防灘と桂川に面した2方向が崖となった地形を利用して築かれている。

 高田城本の丸は、桂陽小学校と中央公民館の敷地となっていて、中央公民館の南側に石垣が残っている。

 小学校の正門内に内堀と土塁が残り、校庭に「従是東南島原領」と領国境にあった碑がある。 また、この他にも高田高校〜高田中学にかけて外堀と土塁が残っていた。 


歴     史

 高田城は、建久7年に高田重定によって築かれた。 高田氏は、代々大友氏に臣従していて、大友氏改易後は帰農した。

 文禄2年、竹中重利(秀吉の軍師、竹中半兵衛の従兄弟)が美濃長松より入封し、城の増修築を行って現在残る城の規模に拡張した。

 慶長5年、重利は中津城主黒田如水に従って東軍に与し、、大友吉統方の富来城安岐城を攻めた。 その戦功により、慶長6年に豊後府内へと移った。

 寛永16年、宇佐龍王から松平重直が37,000石で入封した。 正保2年、松平重直の子英親の時に豊後杵築へと転封になった。 

 寛文9年、福知山城主松平忠房が肥前島原に移封になった時、豊後高田は島原領の飛び地となった。 島原松平氏は、高田城本の丸に陣屋を設けて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR日豊本線宇佐駅〜バス/新屋敷
 車 : 宇佐別府道路宇佐IC〜国道10号線〜国道213号線
駐車場: 中央公民館の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
江戸時代に幾度も廃城同様になったが、外堀、内堀が今でもよく残っているお城。

大分県のお城
一覧表へ
トップページへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県