越後 枇杷島城



お城のデータ
所在地 新潟県柏崎市元城町
遺 構 なし。
形 式 平城 築城者: 宇佐美氏 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 枇杷島城は、現在の柏崎総合高校敷地となっている一帯に築かれていた。 往時は、鵜川がS字に蛇行して流れ、東を流れる横山川との合流点の自然堤防上本丸を置き、に鵜川と横山川を堀と利用している。

 高校敷地が本丸で、東に二の丸(東曲輪)・北に三の丸(金曲輪)を設けた縄張りであったとか。 遺構は何も残っていないが、高校敷地内に石碑と案内板が立てられている。


歴     史

  枇杷島城は、南北朝時代に宇佐美氏によって築かれた。 宇佐美氏は、南北朝時代に越後守護となった上杉憲顕に従って越後に入封し、枇杷島城を本拠地として守護上杉氏を支えた。 永正10年の永正の乱では宇佐美房忠は守護上杉定実を擁立して守護代長尾為景と戦い敗死している。

 房忠の子定満は、上杉謙信に仕えて重臣の一人となったが、永禄7年に坂戸城主長尾政景と共に野尻湖で船遊び中に溺死した。

 天正6年の御館の乱では、城将前島修理亮が景虎方に与したため、景勝方の攻撃を受け落城。 天正12年に桐島具繁が城主となったが、慶長3年の上杉景勝の会津移封に従い枇杷島城は廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR信越本線線柏崎駅〜バス/総合高校前
 車 : 北陸道柏崎IC〜国道8号線〜国道353号線
駐車場: なし。(柏崎総合高校来客用駐車場を借用)


ひとくち MEMO
上杉謙信に仕えた軍師宇佐美駿河守の居城となったお城。

新潟県のお城
一覧表へ
トップページへ 柏崎市のHPへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県