近江 敏満寺城



お城のデータ
所在地 滋賀県犬上郡多賀町敏満寺
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 平山城 築城者: 築城年代:


見 ど こ ろ

 高速道路のサービスエリア内にある城跡は、この敏満寺城以外他にはきっとないだろう。

 名神高速多賀SAのレストラン東側(ガソリンスタンド方面)に小公園があり、ここで土塁や櫓台を見ることが出来る。 城の案内板はレストランと小公園の間にあった。 幾度となく名神を利用しているが、今まで全く気が付かなかった。(下りのSA内にも遺構がある。)

 また、高速道路の近くにある胡宮神社境内にも土塁の遺構が残る。


歴     史

 敏満寺城は、天台宗寺院が城塞化した城郭寺院で、中世には湖東一大寺院であった。

 永禄5年、久徳城(多賀町)主久徳実時が、当初京極氏に従っていたが観音寺城の六角氏に従ったため、小谷城主浅井長政攻められた時、久徳氏に与したため、長政に攻められ40余りあったといわれる坊舎のほとんどは焼失した。 

 元亀2年、織田信長の命に応じなかったことから、残りの坊舎も焼かれ寺領も取り上げられてしまった。 慶長年間には彦根城築城のため残った礎石までも運び去られた。 (案内板説明文より要約、加筆)


お城へのアクセス
鉄 道: 近江鉄道多賀線多賀駅〜バス/胡の宮前
 車 : 名神高速多賀SA内、名神高速彦根IC〜国道306号線
駐車場: 名神高速多賀サービスエリア(上下線とも)、胡宮神社参拝者用駐車場を利用。


ひとくち MEMO
高速道路のサービスエリアにあるお城。

滋賀県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県