伊賀 別府城氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市別府字朝妻
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 山城 築城者: 城氏 築城年代: 室町時代


見 ど こ ろ

 城氏城は、青山町駅真北の丘陵山頂部に築かれている。 山自体は無整備状態で荒れているが、遺構の保存は良好な状態に保たれている。

 城氏城は、規模は小さいながら、山の斜面を切り込んで穴蔵状に土塁で囲んだ主郭(物見台・天守台とも呼ばれている)を置き、東に一段と二の曲輪を置いた縄張りだ。

 地形を利用して段差があるが、広義で主郭・二の曲輪が一つの大きな方形曲輪とも云え、その周囲には空堀が掘られている。 穴蔵のような主郭の土塁、主郭背後の空堀が見応えのある遺構だった。 


歴     史

 城氏城は、室町時代に城氏よって築かれた。 詳細なことは定かでないが、城氏は伊勢国司北畠氏の家臣別府将監の子孫で天正6年の伊賀の乱の時には城八太夫が城主であった。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線青山町駅〜徒歩5分
 車 : 名阪国道上野東IC〜国道422号線〜国道165号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
穴蔵状の土塁に囲まれた主郭と背後の空堀が見応えのあるお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県