和泉 綾井城



お城のデータ
所在地 大阪府高石市綾園2丁目2
遺 構
形 式 平城 築城者: 沼間清成 築城年代: 応仁年間


見 ど こ ろ

 綾井城は、高石駅の東側に住宅地に囲まれた専称寺の境内となっている。 この専称寺の本堂辺りが一段高くなっていて、ここに城があったとかろうじて思うことが出来る。

 寺の山門脇土塀の所に「沼間日向守綾井城趾」の碑が立てられている。 寺の山門前の堀は、城の堀の名残であろうか?


歴     史

 綾井城は、応仁年間に沼間仁任入道清成によって築かれた。 沼間氏は、戦国時代には和泉国の国人層では非常に勢力があった。

 清成の嫡男義清は、織田信長に臣従して、天正4年に木津川口の合戦(織田氏と毛利水軍)に従軍して戦死した。

 沼間清興(義清嫡男)は綾井城主となったが、その後駿府城主中村一氏の与力となり、慶長14年に中村氏改易後は徳川氏旗本となった。 


お城へのアクセス
鉄 道: 南海電鉄南海本線高石駅〜徒歩約10分
 車 : 阪神高速湾岸線助松IC〜国道26号線〜市道
駐車場: なし。(道幅が狭いので路駐には苦労する。)


ひとくち MEMO
お寺の山門前に僅かに堀が残る?お城。

大阪府のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県