三河 大島陣屋



お城のデータ
所在地 愛知県豊田市東大島町林
遺 構 曲輪、石垣、井戸
形 式 陣屋 築城者: 石川貞當 築城年代: 慶安4年


見 ど こ ろ

 大島陣屋は、東大島町林地区の山裾に高石垣を築いた立派な住宅がある。 ここが大島陣屋があったところで、民家に向けて入る道の突き当たりに小さな案内板が立っていた。

 三段に分かれた敷地と各段に築かれた石垣は、見応えのある遺構で、ここが大身旗本陣屋であったことを今に伝えていた。


歴     史

 大島陣屋は、慶安4年に石川貞當によって築かれた。 貞當は、近江膳所城主石川忠総の四男で、慶安2年に忠総の死去に伴い、父遺領の内より三河国額田郡・加茂郡の内で7千石を分知され大島の地に陣屋を構えた。 以後、大島石川氏は、代々この地を領して9代総邦の時に明治を迎えた。


お城へのアクセス
鉄 道: 名鉄三河線豊田市駅〜徒歩/喜多町4丁目〜バス/大島
 車 : 東海環状道豊田松平IC〜県道487号線〜県道39号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
大身旗本の采地陣屋が往時の威風を今に伝えている・・・。

愛知県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県