羽後 浅舞城



お城のデータ
所在地 横手市平鹿町浅舞字館廻
遺 構 堀跡
形 式 平城 築城者: 小野寺光道 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 
浅舞城は、浅舞地区の中心部にある龍泉寺の西側、「館廻」と呼ばれる小字がここに城跡であることを示しているだけだ。 「館廻」にある三吉神社と白山神社宿館会館前に標柱が立てられていた。  
 資料によれば、城は沼地と湧水を利用した水堀で囲まれた方形の縄張りの城であったとか。 堀は、今では消滅し、一部水田のその形跡を留めているに過ぎない。


歴     史

 浅舞城は、天正年間に小野寺光道によって築かれた。 光道は、横手城主小野寺輝道の庶長子と云われ、天正14年の有屋峠合戦にも出陣、天正18年の山北検地に反発した一揆で自刃した。 

 浅舞城は、太閤蔵入地となり、菅秀磐が城代となった。 慶長7年に佐竹氏入封後茂木監物が入り、元和8年の廃城となった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR奥羽本線横手駅〜バス/浅舞本町
 車 : 秋田道横手IC〜国道107号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
沼と湧水を利用した水堀で囲まれた方形のお城。

秋田県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県