但馬 朝倉城



お城のデータ
所在地 兵庫県養父市八鹿町朝倉
遺 構 曲輪、堀切、石垣
形 式 山城 築城者: 朝倉信高 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 朝倉城は、朝倉の集落直ぐ西側にある比高100メートル程の城山山頂にある。

 集落右奥にある墓地の奥右手(墓地の坂を上り詰めた所)から獣道のような登城道が山頂の主郭まで通じている。 町指定史跡になっているが、山頂の城跡には案内板や碑一つなく、国指定の八木城とは整備の差が歴然としている。

 城の遺構としては、下草に覆われているが、一段高く築かれた郭(櫓台程度)を中心に小規模ながら、縄張りは比較的良くわかる。 山頂からは、八木城・朝倉上之山城(北東正面の山の山頂部)までなかなか見晴らしは良い。 


歴     史

 越前の守護大名朝倉氏(一乗谷城参照)の本貫の地が、この朝倉城だ。

 築城年代は、はっきりしていないが、鎌倉時代に朝倉氏がこの地に入り、朝倉八郎信高によって築城された。 この信高は、承久の乱では宮方に与したために失脚した。

 その後、鎌倉中期には朝倉高清から八木城主八木朝倉氏(後八木氏を称する)などの分家が派生している。 朝倉城は、この城をめぐって華々しい戦闘の記録は残っていない。


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陰本線線八鹿駅〜バス/小山
 車 : 舞鶴道福知山IC〜国道9号線/朝倉西〜県道271号線
播但道和田山IC〜国道312号線/一本柳〜国道9号線/朝倉西
〜県道271号線
駐車場: なし。(集落の中は道が狭いので要注意)


ひとくち MEMO
猪よけのフェンスを開けたら必ず閉めてから登城を開始しよう。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ 養父市のHPへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県