伊賀 浅井氏城



お城のデータ
所在地 三重県伊賀市予野字上出8723
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 丘城 築城者: 浅井弥次郎 築城年代: 天正年間


見 ど こ ろ

 浅井氏城は、立正寺東側に観音堂と地区公民館が建っている小高い丘があり、空堀を隔てて木原氏城と並んで築かれ、谷を隔てて北側には千賀地氏城がある。

 浅井氏城は、竹や雑木が切り払われ、手が入っていない木原氏城と比べると、城の遺構の確認のし易さは雲泥の差があり、地主の方のご努力に感謝。

 城の縄張りは、方形の主郭の西・北に土塁と空堀を設け、主郭南側と北側に切り込みして二つの曲輪を設けられていた。 


歴     史

 浅井氏城は、天正年間に浅井弥次郎によって築かれた。 永禄11年に近江観音寺城主佐々木(六角)承禎が織田信長によって攻め落とされたが、佐々木氏に仕えていた浅井弥次郎は、縁故を頼って伊賀に移り土着した。


お城へのアクセス
鉄 道: JR関西本線伊賀上野駅、伊賀鉄道伊賀市駅〜バス/立正寺前
 車 : 名阪国道治田IC〜県道687号線
駐車場: なし。(立正寺前の交差点脇に車1台程度の駐車スペースあり)


ひとくち MEMO
地主さんが日々丹念に整備されているお城。

三重県お城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県