信濃 蟻塚城



お城のデータ
所在地 長野県伊那市美篶字笠原
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 笠原氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ
 
 笠原城は、笠原地区の東側に連なる丘陵から伸びる尾根先端部を利用して築かれていて、丘陵山頂部には守屋山城がある。 現在、城跡は御射山神社境内となっているが、城の遺構は良く残っている。

 城の縄張りは、東からの尾根筋を堀切で断ち切り背後を固め、土塁で囲繞した本丸、御射神社本殿のある二の丸と帯曲輪、参道に沿って三段の曲輪が一直線に並ぶ。 本丸と二の丸、三の丸の間にはそれぞれ堀切が設けられていた。


歴     史

 蟻塚城は、築城年代は定かでないが笠原氏によって築かれた。 笠原氏は、諏訪氏の一族と云われ笠原牧のあった笠原を領し、平安末期から鎌倉時代には笠原頼直の名が伝えられている。

 笠原氏は、蟻塚城を代々の居城としてこの地に勢力を誇っていて、戦国時代初期の文明年間に諏訪社御頭を務めた笠原守貞の名が文献にあり、笠原氏は天文・弘治年間にも御頭を務めている。


お城へのアクセス
鉄 道: JR飯田線伊那市駅〜バス/笠原
 車 : 中央道伊那IC〜県道87号線〜国道146号線〜国道361号線
駐車場: 御射山神社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
信濃十六牧の一つ笠原牧を支配した笠原氏の居城。

長野県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県