武蔵 新井宿城



お城のデータ
所在地 東京都大田区山王3丁目
遺 構 なし。
形 式 平山城 築城者: 梶山氏 築城年代: 戦国時代


見 ど こ ろ
(『新井宿義民六人衆』の墓)

 新井宿城は、善慶寺の境内裏手にある小高い台地に築かれていた。 裏山は、現在熊野神社境内と住宅地となっていて、城の遺構らしきものは何も残っていない。

 尚、善慶寺には『新井宿義民六人衆』の墓があり、東京都の指定旧跡になってる。


歴     史

 新井宿城は、戦国時代に梶山氏によって築かれた。 小田原北条氏の家臣で「小田原衆所領役帳」によれば、梶山日向守が城主で51貫文の役高を領していた。 北条氏滅亡後、天正18年に家康の関東移封後、幕末まで新井宿領は、旗本木原氏の知行地であった。


お城へのアクセス
鉄 道: JR京浜東北線大森駅〜バス/大森郵便局
 車 : 首都高速羽田線平和島IC〜環七通り
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
『新井宿義民六人衆』で有名・・・。

東京都のお城
一覧表へ
トップページへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県