美濃 安国寺恵瓊陣



お城のデータ
所在地 不破郡垂井町宮代
遺 構 曲輪、堀切、横堀
形 式 陣城 築城者: 安国寺恵瓊 築城年代: 慶長5年


見 ど こ ろ

 安国寺恵瓊の陣は、南宮山へのハイキングコース出発点に陣所の案内板が立てられていて、 案内板の背後、ため池を挟んで南側にある丘陵先端に陣が築かれている。

 陣城であるため、自然地形をそのまま利用しているが、恵瓊本陣が置かれたと思われる陣所主郭の前面には浅いが堀切が掘られるなど、急造とはいえ最低限の防御設備が構築されていた。


歴     史

 慶長5年9月、安国寺恵瓊は南宮山東麓に陣を構えた。 恵瓊は、石田三成と通じて西軍に与し、毛利輝元を西軍の総大将に担ぎ出しに成功している。

 9月15日、関ヶ原の合戦が始まると、東軍に内通した吉川広家が主導し毛利勢は戦闘に参加せず、西軍の敗北となった。 合戦後、恵瓊は捕らえられ、六条河原で石田三成、小西行長と共に処刑された。


お城へのアクセス
鉄 道: JR東海道本線垂井駅〜徒歩約20分(登城口)
 車 : 名神高速関ヶ原IC〜国道21号線
駐車場: 南宮大社の参拝者用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
毛利輝元を西軍に担ぎ出した立役者恵瓊の陣所。

岐阜県のお城
一覧表へ
トップページへ

東海のお城
静岡県愛知県岐阜県三重県