甲斐 穴山氏館



お城のデータ
所在地 山梨県韮崎市穴山町次第窪
遺 構 土塁
形 式 居館 築城者: 穴山氏 築城年代: 南北朝時代


見 ど こ ろ

 穴山氏館、戦国時代に甲斐国河内地方を領して武田氏宗家を凌ぐ勢力を誇った穴山氏の初期の頃の居館。 七里岩台地の丘陵先端部北麓に「桟敷」と呼ばれている場所にあったと伝えられ、ブッシュでとても内部には入れなかったが、入口に居館の標柱と案内板があった。


歴     史

 穴山氏館は、南北朝時代に武田信武の五男義武が逸見郷穴山村を与えられ穴山氏を称した。  明徳3年に南北朝統一がなると南朝方の南部氏が陸奥に移った後、穴山満春の時に南部氏領を与えられ下山へと移った。


お城へのアクセス
鉄 道: JR中央本線穴山駅〜徒歩約20分
 車 : 中央道須玉IC〜県道603号線〜県道17号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
穴山氏初期の頃の居館。

山梨県のお城
一覧表へ
トップページへ

甲信越のお城
山梨県長野県新潟県富山県石川県福井県