摂津 尼崎城



お城のデータ
所在地 兵庫県尼崎市北城内
遺 構 模擬城壁、模擬石垣、堀
形 式 平城 築城者: 戸田氏鉄 築城年代: 元和3年


見 ど こ ろ

 阪神工業地帯の真っ直中の尼崎、城が残っているはずがない。現在の成良(旧城内)中学校と明城(旧城内)小学校一帯が本の丸跡だ。

 阪神電車を降りて、尼崎城の外堀だった庄下川を渡った所に城址公園がある。 ここに石垣と塀と堀が紙芝居の如く再現されている。 まぁ〜、これを見て尼崎城を想像するしかない。 

 すぐ近くの桜井神社に天守の九曜紋(戸田氏の紋所)鬼瓦が本殿前に2枚ある。 明城小学校南側の道路沿いに尼崎城趾の石碑と案内板があり、小学校の校庭内には、尼崎城天守の模型がある。


歴     史

 元和3年、戸田氏鉄が近江膳所より5万石で入城し、本の丸に連立式四層天守を始めとする新城を築城した。

 寛永12年、稲葉氏鉄は美濃大垣に転封した後、青山幸成が遠江掛川から5万石を領して入封して4代続く。

 正徳元年に青山幸秀が信濃飯山に移り、遠江掛川から松平(桜井)忠喬が4万石で入封し、以後7代続き明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 阪神電鉄本線尼崎駅〜徒歩約5分
 車 : 阪神高速神戸線尼崎東出口〜国号43号線
駐車場: なし。(阪神尼崎駅地下の市営有料駐車場を利用。)


ひとくち MEMO
工業地帯のど真ん中にあるお城、今は模擬石垣に当時を偲ぶ。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県