安芸 天神山城



お城のデータ
所在地 広島県安芸高田市吉田町竹原
遺 構 曲輪
形 式 山城 築城者: 井上氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 天神山城は、三方が急斜面になった丘陵に築かれている。 山頂部に主郭を置き、輪状連郭式に帯曲輪程度の曲輪が配置されている。

 山頂部の曲輪は、全くの未整備状態で、城の遺構は非常に確認しづらい。 当然のことながら、山頂からの眺望は全く望めない。 かつての居館跡とも思える曲輪は、長尾神社の境内となっていて、この神社の山門を潜ってすぐ左手の山道(非常に薄い道)が登城道だ。


歴     史

 天神山城は、築城年代は定かではないが、毛利氏初期からの重臣井上氏(本家)の代々の居城であった。

 井上氏は、井上光教が毛利豊元の妹を室に迎え、以後毛利氏と密接な関係となり、次の勝光・光兼・元兼の代には大きく勢力を伸ばした。 毛利元就に従い、戦功も多々あったが、横暴な行為が多く、天文19年に井上一族は毛利元就によって粛清され、滅ぼされた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR芸備線吉田口駅、JR山陽本線広島駅〜バス/山手
 車 : 中国道高田IC〜県道6号線〜国道54号線
駐車場: 鳥居手前にある長尾神社(八幡宮)の無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
毛利元就によって粛正された重臣井上氏(本家)の居城。

広島県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県