筑前 秋月城



お城のデータ
所在地 福岡県朝倉市秋月野鳥
遺 構 曲輪、現存門、石垣、堀
形 式 平山城 築城者: 黒田長興 築城年代: 寛永元年


見 ど こ ろ

 秋月の街は、今もここ彼処に土塀に囲まれた武家屋敷があり、静かな谷間の小さな城下町だ。 お城だけでなく、城下町の散策を是非お奨めする。

 杉の馬場と呼ばれる通りには、武家屋敷風の秋月資料館がある。 この通りの突き当たりが秋月城だ。 現在、城跡は秋月中学校の敷地となっているが、長屋門前の石垣と土塁、堀があり、かつての秋月城の名残を色濃く残している。 

 垂裕神社の参道に、大手門であった黒門が移築されている。 この門は、古処山城の搦手門を秋月城に移築したものだ。


歴     史

 建仁3年、原田種雄が古処山に築城、以後秋月氏を称して代々居城した。

 戦国時代にの12代種実は、豊前・筑前・筑後で12郡を領するまで勢力を伸ばしたが、天正15年に豊臣秀吉の大軍によって包囲され降伏する。 その後、秋月種実は日向高鍋3万石に移された。

 寛永元年、筑前福岡城主黒田長政の三男長興が5万石を分知され入城する。 既に元和の一国一城令があり、山城の古処山城は廃城となっていたため、秋月氏の里城を改修した。 この時の改修には、古処山城の建物も多く移された。 その後、秋月黒田氏は、12代続いて明治に至った。


お城へのアクセス
鉄 道: 西鉄甘木線甘木駅・甘木鉄道甘木駅〜バス/郷土館前
 車 : 大分道甘木IC〜国道322号線
駐車場: 市営有料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
小さな城下町甘木、そこには小さなお城がある。

福岡県お城
一覧表へ
トップページへ 朝倉市のHPへ

九州のお城
| 福岡県佐賀県長崎県大分県熊本県宮崎県鹿児島県沖縄県