備中 秋庭氏館



お城のデータ
所在地 岡山県高梁市有漢町有漢字土居
遺 構 石垣、堀切、井戸
形 式 居館 築城者: 秋庭重信 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 県道49号線と県道312号線が交差する落合橋。 県道312号線で有漢川を渡り、一つ目の交差点を右折して、町道を進むと突き当たりに石垣が見える。 ここが秋庭氏館だ。

 館は、三段に分かれて、約70mの石垣が築かれている。 館跡自体は、現在畑地と民家になっているが、この畑の中(北側中央)に石組みのある井戸が残っていた。


歴     史

 秋庭氏居館(正尺屋敷)の築城年代については定かではないが、鎌倉時代の初頭、承久の乱に戦功のあった相模三浦氏の一族秋庭重信が有漢郷の地頭職に任じられ居館を構え、居館前面に常山城を築いた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR伯備線備中高梨駅〜備北バス/土居
 車 : 岡山道有漢IC〜県道49号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
畑の周囲には立派な石垣が今も残っている豪族居館。

岡山県のお城
一覧表へ
トップページへ

山陽・山陰のお城
岡山県広島県山口県鳥取県島根県