武蔵 赤塚城



お城のデータ
所在地 東京都板橋区赤塚5丁目
遺 構 曲輪、堀
形 式 平山城 築城者: 赤塚氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 赤塚城は、北を流れる荒川の河岸段丘に築かれて、現在は赤塚城趾公園となっている。 丘の頂上部が主郭であったところで、ここに石碑が建てられている。 また、谷を挟んで南側にある東京大仏乗蓮寺に「赤塚城二の丸」の石碑がある。

 城の遺構は、かつては空堀や土塁が残っていたようだが今は無く、区立郷土資料館脇の溜池は、城の水堀の一部であったと云われている。


歴     史

 赤塚城は、築城年代は定かでないが赤塚氏によって築かれたと伝えられている。 康正2年、千葉自胤が赤塚城へ入城する。 享徳の大乱で管領上杉氏に与した千葉宗家は、古河公方足利成氏に与した一族馬加康胤と対立して敗れ、千葉実胤・自胤兄弟は、太田道灌を頼って武蔵へと逃れた。

 赤塚城に入った自胤は、寛正4年に家督を嗣ぎ、その後武蔵千葉氏の基盤を築いた。 小田原北条氏の武蔵に進出後は北条氏に臣従し、天正18年に北条氏滅亡と共に滅亡した。


お城へのアクセス
鉄 道: 都営地下鉄三田線西高島平駅〜徒歩約15分
 車 : 首都高速池袋線高島平IC〜国道17号線
駐車場: 赤塚溜池公園の駐車場を利用。


ひとくち MEMO
東京大仏が二の丸に建立されているお城。

東京都のお城
一覧表へ
トップページへ 板橋区のHPへ

関東のお城
茨城県栃木県群馬県千葉県埼玉県東京都神奈川県