大和 赤埴下城



お城のデータ
所在地 奈良県宇陀市榛原区赤埴乙
遺 構 曲輪、土塁、堀切、土橋
形 式 山城 築城者: 赤埴氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 赤埴下城は、仏隆寺前の観光駐車場の南側裏手にある半島状に突きだした台地に築かれている。 赤埴上城の出城と云われ、城の縄張りは、上城に比べると比較的単純な構造となっていた。

 東側の道路から難なく東の曲輪へ。 ここから空堀を隔てて長方形の主郭があり、主郭西側先端は二重の堀切が設けられている。 この西側堀切の手前側の堀底道は、北側の帯曲輪へと繋がっていた。 構造的な遺構は良く残るが、土塁の遺構は見られなかった。


歴     史

 赤埴下城は、築城年代は定かでないが赤埴氏によって築かれた。 赤埴氏の居城赤埴上城の支城(出城)として築かれたと考えられている。

 赤埴氏は、南北朝時代には南朝方として活躍し、その後、赤埴氏は伊勢国司北畠氏に従い、宇陀七人衆の一人に数えられている。


お城へのアクセス
鉄 道: 近鉄大阪線榛原駅〜バス/高井
 車 : 名阪国道針IC〜国道369号線
駐車場: 仏隆寺前の観光用無料駐車場を利用。


ひとくち MEMO
千年桜で有名な仏隆寺の直ぐ側にあるお城。

奈良県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県