岩代 駒寄城



お城のデータ
所在地 福島県南会津郡南会津町古町字石原
遺 構 曲輪、土塁、堀切
形 式 山城 築城者: 河原田氏 築城年代: 不明


見 ど こ ろ

 
駒寄城は、伊南小学校のグランド東側に位置する要害山に築かれている。 駒寄城は詰の城となっていて、伊南支所北側にある西館が河原田氏の平時の居館であった。

 グランド北側の階段を登った所に駒寄城の案内板が立てられ、ここから山道を登る。 山腹部に土塁と空堀で囲まれた曲輪群があり、物見台には駒寄神社の小さな社が祀られていた。 この物見台の背後にも土塁と堀切が残っていった。 

 この山腹の曲輪群が根小屋で、山頂部には堀切と竪堀がある曲輪が残っているのだが、残雪がまだまだ深く今回は山頂までの登城は断念した。


歴     史

 駒寄城は、築城年代は定かでないが「会津四家」の一つに数えられた奥会津に勢力を誇った河原田氏によって築かれた。

 河原田氏は、下野の小山氏の一族と云われ南山鴫山城の長沼氏とも同族になる。 戦国時代になり葦名盛氏が天文12年には山内氏や河原田氏を攻めている。 この頃に河原田氏も葦名氏に臣従したと考えられている。

 天正17年に摺上原の合戦で伊達政宗に破れた葦名氏は滅亡したが、河原田盛次は伊達政宗に降らず、久川城を築いて伊達氏に抗戦した。 しかし、天正18年の秀吉による奥州仕置きにより改易となった。


お城へのアクセス
鉄 道: 会津鉄道会津田島駅〜バス/古町タバコ屋前
 車 : 磐越道会津若松IC〜国道121号線〜国道289号線〜国道401号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
会津に勢力を誇った河原田氏代々の詰の城となったお城。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県