岩代 荒木館



お城のデータ
所在地 福島県会津若松市河東町代田字代田
遺 構 曲輪、土塁、空堀
形 式 居館 築城者: 荒木氏 築城年代: 天正9年


見 ど こ ろ

 
荒木館は、代田館・荒井十郎左衛門館とも呼ばれ、江戸時代には帰農して代々代田組郷頭を務めた荒井氏の居館だ。

 農村公園に隣接している西側の民家敷地一帯が館跡で、ほぼ方形単郭の縄張りで、館の周囲には土塁が残っていて、北側の屋敷林内には空堀の遺構も見ることができた。


歴     史

 荒木館は、天正9年に荒井経政によって築かれた。 荒井氏は文治5年に佐原義連に従って仙道荒井城を居城としていたが、戦国時代になり葦名盛氏に攻められ、葦名氏に降って代田の地を与えられた。


お城へのアクセス
鉄 道: JR磐越西線笈川駅〜バス/代田大和田別
 車 : 磐越道会津若松IC〜国道121号線
駐車場: なし。(隣接する農村公園内に駐車可能)


ひとくち MEMO
江戸時代には帰農して代々代田組郷頭を務めた豪族の居館。

福島県のお城
一覧表へ
トップページへ

北海道・東北のお城
北海道青森県岩手県秋田県宮城県山形県福島県