播磨 英賀城



お城のデータ
所在地 兵庫県姫路市飾磨区英賀宮2丁目
遺 構 土塁、模擬石垣
形 式 平城 築城者: 赤松祐尚 築城年代: 永享年間


見 ど こ ろ

 戦国時代に播磨三大城(三木城御着城・英賀城)に数えられた英賀城は、現在では住宅地の中に埋没している。

 英賀城は、夢前川の河口に築かれていて、南が海、西に夢前川、東に水尾川が外堀の替わりしている平城だ。

 英賀神社の境内(本殿裏)に唯一英賀城の遺構、土塁が僅かであるが残っている。 また、神社北側にある矢倉公園内に石塁が復元されていた。

 英賀小学校の正門前の小公園前に英賀地区の史跡案内板がある。 この案内板は、を頼りに英賀城本丸の石碑までたどり着くことが出来た。


歴     史

 英賀城は、永享年間の初めに赤松祐和によって築かれた。 祐和没後、三木通近の在城し、以後三木氏の代々の居城となった。
 
 戦国時代後半、置塩城の赤松宗家の勢力が衰えると、播磨は三木城の別所氏、御着城の小寺氏、そして英賀城には城内に英賀御坊が建立され真宗勢力の拡大した。

 天正5年、織田信長は羽柴秀吉に命じて播磨へ侵攻し、翌6年に別所長治をはじめ播磨諸将は織田勢と対峙したが、天正8年に三木城が落城、この時に英賀城も落城した。  


お城へのアクセス
鉄 道: JR山陽本線英賀保駅〜徒歩約10分
 車 : 姫路バイパス中地IC〜国道2号線(側道)〜県道415号線
駐車場: なし。


ひとくち MEMO
夢前川の河口に築かれた播磨三大城のひとつに数えられたお城。

兵庫県のお城
一覧表へ
トップページへ

近畿のお城
滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県