「ヘブリディーズ諸島の女王」

そう呼ばれ、数多くの人に
愛されるアイラ島には、
魅力あふれる多彩な見所が
たくさんあります。

あなたのツアー・ガイドとなり、
島での時間を心ゆくまで
お楽しみいただくことが
私たちの喜びです。

詳しくはアイラ島の
クリスティーン・ローガンまで、
お気軽にご連絡下さい。

E-mail:


電話:
+44 (0)1496 810485

携帯電話:

+44 (0)7732 283554

住所:

Christine Logan
39 Stanalane
Bowmore
Isle of Islay
Scotland PA43 7LA

また、日本語でのお問い合わせも
以下でお受けしています。

E-mail :





Q&A
Q: アイラ島はどんなところでしょう?

A: スコットランドの西岸沖にある島で、島民は3千人少々、産業はウイスキー、農業、漁業、そして観光です。8つの蒸留所でウイスキーを作っていますが、これは近く10に増えることになります。ほかに数多くの景勝地、史跡があります。

Q: どうやったらアイラに行けますか?

A: グラスゴー空港から飛行機で45分、グラスゴーのブキャナンバスステーションからバスでケナクレイグまで3時間少々、そこからフェリーでアイラのポートエレンまたはポートアスケイグへ2時間少々です。

グラスゴーへはロンドン経由、パリ経由など数多くの航空会社が日本から飛んでいます。

Q: どの時期に行くのが良いでしょう

 A: 4月から8月が観光に適しています。9月から雨がちで日が短くなり、3月ごろまでは蒸留所も週末は見学ができなかったり、ツアーの回数が減ったりします。 5月、6月のフェスティバルなど、催しの時期に来るのも一案です。ただし、宿泊施設や交通の確保がとても難しくなりますので、早めに旅行の準備をするのが良いでしょう。

Q: 島内の交通はどうなっていますか?

A: バスが走っていますが、本数が少なく不便です。また、カリラ蒸留所、ブナハーヴン蒸留所はバス停から遠く、バスで行くのは大変です。タクシーもありますが数が少なく、電話で呼ばなければなりません。自転車のレンタルがありますが、アイラは風が強く雨がちなので、天気が悪いと大変です。レンタカーもありますが、スコットランドでも酔って運転すれば違反ですし、事故を起こすと保険も使えません。

Q: アイラの蒸留所をすべて回るのに何日必要でしょう?

A: ツアーに参加して見学すると、アイラの蒸留所すべてを回るには慣れた方が自動車で回っても最低3日必要です。ですが、アイラの蒸留所はどれも魅力的。試飲、お買い物、周辺を写真に撮ったりしていると、あっという間に時間が過ぎてしまいます。大急ぎで回って3日と考えるのが良いと思います。

Q: 1日の旅行費用はどのくらいでしょう?

A: 宿泊は最低40ポンドから、食事は昼で5ポンドほどから、夕で10ポンドほどからですが、ボウモアとポートエレンにはスーパーマーケットがあるので、サンドイッチなどで済ませればさらに安く過ごすことも可能です。蒸留所の見学料は7ポンドほどからです。

Q: どのようなツアーを提供していますか?

A: クリスティーンが運転するミニバスで、お客様専属で島内をご案内しています。蒸留所訪問、名所のご案内もお任せいただけます。お買い物のお手伝いや、蒸留所見学の予約、空港での送迎、ご宿泊の予約もいたします。

Download
アイラの観光地図: オーバンタイムスの提供する観光地図です。北と南の2枚構成です。(北版南版

LINK
The Ileach: アイラの新聞社のWEBです。英語ですが、最新情報を読むことができます。

Islay Info: さまざまな情報が掲載されたアイラのWEBです。

City Link: スコットランドのバス運行会社のWEBです。アイラ行きフェリー乗り場、Kennacraigへのバスの予約ができます。

Caledonian MacBrayne: アイラ行きフェリーを運航するCaledonian MacBrayneのWebです。