和音かな入力


皆さま、日ごろ日本語入力にはローマ字入力をお使いでしょうか。

もしそうでしたら、

かな1文字入力するのに、キーを2~3回続けて押さなければならないことに、
もどかしさをお感じになられたことはないでしょうか? 

もしお感じになられたことがあれば、ぜひこの和音かな入力をお試しください。

和音かな入力は、キーを同時打鍵することで、直ちにかな文字を入力します。
ローマ字入力と比べ、かな文字を直接入力する感覚に優れています。
慣れれば、ローマ字を意識せずに、直接かな文字を入力しているような入力感覚が得られます。

指先でおしゃべりするように、楽しく日本語入力を行うことができます。

※和音かな入力は、5つのルールを覚えるだけで、使い始めることができます。

和音かな入力の学びやすさ

和音かな入力の仕組みは簡単です。キーの同時打鍵です。
2つのキーを同時に打鍵し、1つのかな文字を入力します。

例えば、「か」と入力したい場合は、「K」と「A」キーを同時に打鍵します。

この同時打鍵するキーの組み合わせは、ローマ字が基本となっています。
そのため、日ごろローマ字入力をお使いの方にとって、学習の負担がとても軽くなっています。


waonModelGraph

和音かな入力は、学びはじめの入力速度の落ち込みが、他の優れた日本語入力方式の配列を覚えるよりも小さいため、学びはじめから業務など実用の場面で、練習を兼ねて使い始めることができます。 (入力速度の落ち込みが大きいと、最初から業務などで使用することは困難)

今回ご提供する方式では、ある程度ローマ字入力も併用できますので、 学びはじめのハードルが更に低くなっています。

※なお、同時打鍵は、順次打鍵(1本指でキーを順に押す)とは明らかに違う操作となります。
そのため、慣れるまではどうしてもたどたどしい入力となります。
学び始めの入力速度は、まず間違いなくローマ字入力時よりも低下します。
同時打鍵は自転車などと同じく体で覚えることですので、
これは時間をかけて慣れるしかありません。
しかし、個人差はありますが、使い始めて早ければ2週間程度で、
同時打鍵の入力リズムを体で掴み始めることができると思います。
更に2か月程度使用を続ければ、 日常業務に問題なく使用できる水準まで、習熟できるはずです。(これも個人差があります)

和音かな入力の柱 「V」キーとの同時打鍵

ローマ字の中には、「き(K+I)」など、標準的な運指では同時打鍵できない組合せが存在します。

さらに、「あ(A)」などは、最初から同時打鍵する組合せの文字がありません。

そこで和音かな入力では、「V」キーをそれらと組み合せることとしました。

下図の5つのルールのうち、3つは「V」キーとの同時打鍵を利用したものです。

そのため、和音かな入門で覚えなければならない基本は、以下の3つにまで収まります。

1.「V」キーとの同時打鍵
2. ホームポジション付近キーでの「ゃ、ゅ、ょ、っ」の入力
3.「ん」の入力


入門編    5つのルールを覚えたら、すぐにご利用になれます

1. 「あ」「い」「う」「え」「お」 は、「V」との同時打鍵で入力。 
AIUEO

  詳しい説明

2. 同時打鍵できないローマ字の組み合わせも、1.と同じく「V」との同時打鍵 で入力。

Key_OK

  詳しい説明

3. 「ゃ」「ゅ」「ょ」「っ」の入力
   「ゃ」「ゅ」「ょ」「っ」は、キーボードホームポジション付近の、

   隣り合ったキーの同時打鍵で入力します。

yayotu

  詳しい説明

4.「ヴ」の入力

   「ヴ(ゔ)」は、「V+B」の同時打鍵で入力します。

V+B

  詳しい説明

5.「ん」 の入力
   「ん」は、「N+K」の同時打鍵で入力します。
   また、 「N+;」でも入力できます。
   
NNN

  詳しい説明


応用編
 必須ではありませんが、さらに快適にご利用になりたい方に...


  詳しい説明

その他