走るタイガーバーム園。 プゥリィからソンカン行きのバスに乗り継ぐつもりでいたのだが、途中の町で祭りなのか?自動車な山車が沢山走っており渋滞しまくり。
バスが遅れに遅れソンカン行きのバスに乗れるか心配になってきた。帰りにも同様な山車を見たがそちらはお葬式だったみたい。日本へ帰って来てから台湾に長く居た人から話を聞くと、長寿な男性(日本で言う大往生って年齢の人)の場合、車列一番最後に選挙カーみたいな車の上で妖艶な女性が踊っているそうだ。 車列を先導する乗用車と続く走るタイガーバーム園。
虫が採れそうな雰囲気の登り勾配になってきております。 プゥリィに着いたら雨が降って来た。ギリギリでソンカン行きのバスが出た後だった。 

これから我々が向かうのは
スースハォスンダオという道沿いにウハウハなLucanusポイントが連続する場所なのだ。
プゥリィ→ロゥ氏邸→ウースゥ→ルゥサンウンチェン→チンヂンノンツォン→ソンカン→メェイフォン
と続く。どれもがオオミヤマクワガタのラベルに書かれている地名だ。

サンプーさんがタクシーの運ちゃんと交渉しロゥ氏邸までタクシーで行くこととした。運賃は400円。

ロゥさん邸について早速、サンプーさんはロゥさんが昨日採ったという虫をチェック。 ロゥさんのリビングには霧社事件の写真がテーブルに飾ってある。ガクガクブルブル。
雰囲気としては広い志賀昆虫。採集用品・標本用品を売っております。 ロゥさんの昆虫館。1階部分。
フォルモッサの虫、海外の虫、色んな虫が細かい分類無しに並んでおります。 細かな分類無しにラベルの付いた標本が沢山標本箱に入っております。
しかも大型個体が無造作に。
箱の下の方には防虫剤が流し込んであります。
全部紹介出来ません。すごい数です。 大地震で斜めになってしまったのか、箱の中で標本が傾きまくりです。
48ミリのタイワンネブト でか〜っ!!
これもでか〜! 40ミリのタイワンネブト
80ミリ超のタカサゴミヤマ箱 オオミヤマな箱発見。
85ミリ!!!! 85ミリのタカサゴミヤマ
2階の標本箱は種類別に分類され、解説が書いてあります。 ロゥさんの昆虫館。2階部分。
2階部分の箱は解説のラベル付きで整然としております。 こちらにあるタカサゴミヤマも大きい
日本では見ることの出来ない大きさのクリイロミヤマ 日本では見られない大きいサイズです。
タイワンミヤマの箱。各地の形が揃っております。
南部型のタイワンミヤマ萌え〜。 ううっ、南部型の大きいのがあります。
ミヤマクワガタの一種 ララサンクリイロミヤマクワガタ
黄緑、緑、緑青、紺、赤、黄緑の並んでおります。
ツノカナブンのカラバリ。全部欲しいっす〜!!!

 
 
 
前へ 次へ