銀鍬形採集記

平成17年6月9日

17:00
「明日、○△峠へ行くべぇよ。儂の車は車検じゃけん、車出してちよ。」
「明朝3:00に台湾スクーターで家まで来て下さい。ガッチャン」
ってな会話で○△峠行きが決まった。
本当は×▽島へ行きたかったが、、、。台風4号が来ている。
今年のシーズンは終わった。(T.T)
そこで、最近某BBSで飼育成功の話題で盛り上がるプラティな採集に行くことにした。

N県のそこは青い個体が多い、しかも個体数も多い。
あっしとBAJAさんが前に東北の単独峰であるC山へ採集に行った帰り道に某KSから
「3桁近く採れて大漁やぁ〜。そっちはどう?」
「・・・・・・・・・5頭かな。」
C山の個体は青さなら負けないが個体数が少ない。
ぐやしかった。(T.T)
タコ採れするN県○△峠は憧れの地になった。

21:00
一度、駐輪場から出すと自転車が止まりまくり、止められなくなるというマンションの劣悪な
駐輪事情から置きっぱなしになりもう2週間乗っていない台湾スクーターのエンジン始動確認
をしてみた。やっぱりバッテリーあがり気味でエンジンかからん。キック100発。やっとエンジン始動。
念のため、5〜6kmを試走した。時計は22:00を回った。

23:00
もう寝ようと思っていると、いつも啼かない飼い猫のクレラが異常に甲高い声で啼いている。
しかも、脱糞・放尿し手足に力が入らず目は焦点が定まらない感じだ。
しばらく様子を見たが状態は変わらず、呼吸も荒い。
見てもらえる動物病院を探しにクレラを連れて出かける。
板橋区に見てもらえる病院を発見し可能な検査をしてもらう。
「病気・怪我ではなく、神経的な発作?」が考えられるとのこと。
発作時用?として座薬をもらって帰る。時計は日にちが変わった0:30を回っていた。

3:00
携帯電話の音で目が覚める。ビーコさんからだ。
「ご免なさい。猫が死にそうになって寝坊しちゃった。」と寝ぼけた返事をしながら着替える。
「家まで迎えに行くから待ってなさーい。」
すみませぬ。

いつもは混む高速道路なのだが、時間のせいもあって早い。
3:30過ぎには乗っていた。
 
 
 

夜明け前の紫のハイウェイ〜。
空が明るくなってきた関越道路
 

釜飯食べたさに某S.Aに寄るも、時間が時間で何もない。
そこでピリカラそばなるものを食す。

下の画像は某S.Aにワイルドスピードぽいスポコンな車があったので勝手に撮影。
 

サービスエリアで羽根の生えた車発見。
ちっちゃくて見えないかー。青い車ね。
左から2番目の白い車がピーコ号。
 

峠に向かう道で何度か道を間違えた。
細い道が本線だったりするんだよね〜。
それでもなんとか6:30には目的地到着。
 

ポイント間近な道路。全然雪無いじゃん。
 
 

清々しいブナ林
 

車を止めて、早速探検。

清々しいブナ林2
 

雪が残っている場所はまだ葉が開いていない。
ここであっしは最初のコルリげっと。
 

お世辞にも綺麗では無いモジャモジャな枝と新芽

このクシャクシャモジャモジャなのが枝ちゅうか芽ちゅうか。
 

雪がバンバン残っているやんけ
 
 

雪で倒れた木とか幼木の芽がいい状態。
 

上はアリに囲まれているコルリ、下にもコルリが見える

銀蠅 いや Platycerus acuticollisっす。

こうして見ると小さいコルリ

↑爆発栄螺のきちゃない指とコルリ。

↓Nikon Coolpix 990にて撮影。マクロ撮影には強いがピントがなかなか合わない。
こうして見ると大きいコルリ

本当はギフチョウだよん

超小さいアゲハLuehdorfia japonica Leech 採れたぜぇ。
 

カメコノテントウってイカすねえ。
 

巨大テントウムシAiolocaria hexaspitota Hopeとか赤いヒラタムシCucujus coccinatus Lewis

昼になると気温が上がり日当たりの良い芽にコルリが飛来する

電話で採集状況を報告するピーコどん。
 

イナゴ300円のお品書き

13:30
昼飯は蕎麦食べたかったのだがラーメンしか無く、ラーメンを食す。
メニューのイナゴに心惹かれるが、まだ旬じゃない。
去年採れたものなら1年寝かしたものかもだ。(^^;

氷が張っている湖と雪そしてまた雪
 

15:30
BAJAさんが教えてくれたポイントへも行ってみた。
 

巨大冷蔵庫の扉を開けて前に立っているような涼しさというか寒さ

雪が沢山。風が吹くとヒンヤリする。
後1週間後が最良か。
ちなみにこの道は先週は雪で入れなかったそうだ。
 

外灯におたふく?な「かかあ町」のマークが付いている
 

18:30
思ったより早く帰れそうだったのだが、関越道路が事故で激混みし高速道路を降りることにした。。
ピーしゃんも私も伊勢崎に行ったことが無いので、まちかねさんの職場を急襲しようと言うことになった。
アポ無しの急襲なので、初めての伊勢崎の町中を少し迷って徘徊した。
ある細い道を通ると謎のフランス人「カミーム・らパン」さんのお宅を発見。すぐ隣がまちかねさんの所だった。
新しい掲示板のことやら、ミヤマとかヒラタのポイントについてお話を伺う。

19:30
別れ帰途へ
 

21:00から22:00
爆発邸そばのロイヤルホストで晩飯
 

沢山採れたコルリ干物の図
 

♂70
♀23
もう1歩で3ケタだった。
後半、集中力無くなって、ネットで落としまくりでした。
画像の数を数えると合わないでしょ?実は飼っています。本当に産んだよ〜ん。
 
目次へ 続いて帝都深山鍬形捜索記へ