宮城県西部
 

6月30日(月)
雨上がり晴れ時々霧 気温18℃ 同行者カミさん 

暖かく、何だか出そうな晩。平日だけど出撃。
去年73mmのケブカキアシクワガタを採ったポイントだ。
シーズンの始まりを感じる飛びだ。
ガードレールにカキーンって当たる♂の音はいつ聞いてもいいものだ。

ケブカキアシクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
4♂♂

スイギュウアカクワガタ
Prosopocoilus inclinatus Motshulsky
2♂♂

シェンクリングコクワガタ
Dorcus rectus Motshulsky
1♂,1♀ 

オオキモンカミキリ 
Batocera lineolata Chevrolat
1♀ 



7月6日(日)
曇りややガスり 気温17℃ 同行者BAJAさん 
 

家から1時間ちょっとで来れる所。街灯巡りの巡回路でもあるのだが、ここは暗くて自家灯火するのに良さげな場所だ。 

正面 いい感じの山でしょ。仙台市内から約1時間。 

 

裏面 右隅に水銀灯がある。強力なライバルだ。実際Bajaさんはそこでケブカキアシクワガタ♂ゲット。 

このシビックは実はレンタカー。BAJAさんの車は某有名走り屋さん雑誌が言う所の 
クワガタ状態になり、ドッグ入りしたのでその代車なのだ。 
燃費が非常に良くコンスタントにリッター15キロ以上走る。 
私とBAJAさんはこのシビックであちこち走り回り、走行距離が3000キロ越えた。 
そろそろオイル交換が必要だぜぃ。(^^;; 

右側 あの向こうの山に私のケブカキアシクワガタが住んでいる〜う!! 

ロケーションはいいのだが、まったくクワガタが飛んで来ない。 
灯火近くの水溜まりでBAJAさんはアカハラを採りだす。 
近くの街灯でBAJAさんがケブカキアシクワガタ♂を1頭採るがクワガタはそれっきり。 
21時になりBAJAさんが「この先にケブカキアシクワガタ採れまくったポイントあるから 
爆発さんはそっちへ移ったら?」とのお勧めがあり移動。 
点灯して少し経つとケブカキアシクワガタが飛来。1時間ほど点灯しBAJAさんの場所へ 
戻る。 

ケブカキアシクワガタ 
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
2 ♂♂1 ♀ 



7月30日(水)
雨上がり晴 気温18℃ 同行者BAJAさん 

平日だけど気温と月がいい。会社から直行だ。
前回と同じポイントへ行ったら、キャンプをしている人がいっぱいみたい。
谷へ降りて花火をしている様子。煙がすごい。
そんな訳で数キロ戻って、ケブカキアシ73mmポイントへ行くことにした。
ポイントに着くとBAJAさんの灯火が光っていた。
スーツのまんま幕張っているのって変。(^^;;
外灯回りの車が2台。各々2回通った。
そのうちの1台がBAJAさんと話している。
私はちょうど携帯の電話がかかってきて話し中だった。
車の人は何回か電話で話したことがあるSさんだった。
初対面の挨拶をして下さったのだが、電話で上の空状態。
失礼をしてしまった。
次回お会いした時にはまったく解らないと思うのでまた声をかけて下さいまし。(^^;
 

ケブカキアシクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
2♂♂,2♀♀

スイギュウアカクワガタ
Prosopocoilus inclinatus Motshulsky
1♂,2♀♀

ヌレツヤクロヤナギクワガタ
Dorcus rubrofemoratus Vollenhoven
1♂,3♀♀

シェンクリングコクワガタ
Dorcus rectus Motshulsky
1♂



8月12日(火)
晴れ気温20℃ 単独 
 

夏休みのせいなのか人が多い。前回、灯火をした場所へ行くと普段は車が通らない(先は行き止まりなのだ)道なのに何台も車が通る。今日は満月なので月が昇ってくるまでの短い時間が勝負だ。19時まだ少し明るいが点灯する。段々空が暗くなっていく。すると、自分の前の森の中に明かりが見える。げっ!!!。山の中がキャンプ場になっているのか。それで沢山の車が奥へ走っていったのか。蛾が順調に集まるが夕方雨が降ったのか、地面が濡れていて見えにくい。車のライトを点灯させると、ちょっと位場所にカブトムシいや大きいケブカキアシクワガタだった。その後ケブカキアシクワガタだけ追加する。ケブカキアシクワガタ好きな私には嬉しい状況。20時になると山の上に月が昇ってきた。明るい。虚しい戦いになるので撤収した。 

ポイント右側 


 ポイント左側 
ちょっと遠い気がするけど中央奥の山狙いでいってみた。 

 ケブカキアシクワガタ 
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
3 ♂♂2 ♀♀ 

自家発電記2003の目次へ戻る