岩手県南部

7月13日(日)
曇りのち雨 17℃単独

日中気温が上がり、カミさんは実家にいて家にいない。「こりゃ行くっきゃないでしょ。」ということで
急遽単独で行くことにした。今日は出かけた時間も遅いので街灯回りにした。目的地は宮城県県北。
目的地の街灯を見回るがクワガタは何もいない。メスセスジクワガタで有名な場所なのだが、ここは
いつも他のクワガタも少ない。まさにメスセスジクワガタ一本狙いの場所なのだ。そんな訳で同じ山系
の岩手県側に回って見ることにした。ヘアピンコーナーを数本抜けると霧が出てきた。霧はどんどん濃くなりフォグランプのみの明かりで左端のラインを見ながら走る。時速30キロ切ってしまうスピードだ。この調子だと何時間かかるだろう。
スキーの志賀・草津間(映画私をスキーに連れていって参照)じゃないが直線距離は短いが、恐ろしく遠回りで遠い。
結局1時間半もかかって岩手県側に出た。目的地周辺は山頂ほどではないが少しガスっている。今年黄色いナトリウムランプから白い水銀灯に変わった街灯がある。ここは今年すでに何頭もメスセスジクワガタ採れているとの話を聞いている。周りを見回っているとカツーン、カキーンといかにもクワガタが落ちてきた音がした。ケブカキアシクワガタだ。
蛾の飛びも少なく、雨も降ってきたので早々に撤収。
 
 

ケブカキアシクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
2♂♂

スイギュウアカクワガタ
Prosopocoilus inclinatus Motshulsky
1♂

シェンクリングコクワガタ
Dorcus rectus Motshulsky
1♂


8月22日(金)
曇り18℃同行者ishiさん

最高気温が25℃以下で雨ばかり降っている今年の仙台だが、ようやく夏らしい温度になりつつある。セミもこのままだと秋になって死んでしまうと思ったのかミンミンゼミやらツクツクボウシが鳴き始めている。涼しい日に彼らの鳴き声を聞くとヤケクソになっているような気がする。前々から約束していたishiiさんと出かける。行き先は決めていなかったのだが、
せっかく気温が高いので遠出してメスセスジクワガタを狙ってみることにした。到着すると前回見た水銀灯の下に2名張り込み中だった。そして反対側の街灯にも、、、。こうなれば早く灯火張るしかないなと思い進んでいくと張る予定の場所が白く光っている。知り合いかなと思い寄ってみるが、知らない方々だった。灯火の周りにはハアリの絨毯が出来ていた。「今日はいい晩ですね。」「いやそんなでも・・・・。」お話されたくないようなので早々に退散し次の灯火予定ポイントへ移動することにしました。ウザイ採集者ですみませんでした。マンスリーデーじゃないですが私もそんな日あります(^^;
ポイントに着くと急いでセット。
 

ケブカキアシクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
2♂♂,6 ♀♀

スイギュウアカクワガタ
Prosopocoilus inclinatus Motshulsky
3♀♀

ヌレツヤクロヤナギクワガタ
Dorcus rubrofemoratus Vollenhoven
3♀♀

ハチガツブナクワガタ
Prismognathus angularis Waterhouse
1♂

帰りに仙台の有名クワガタポイントを案内。ここはどシーズンだと、3分おきに採集者かイニシャルDな車が通る。クワガタは採られるか踏まれるかの運命が待っている恐ろしい場所なのだ。何も採れなかった私達はイニシャルDに成りながら帰路を急いだ。時計は2時を回った。
 
 

なぜ岩手の画像が無いって?
それはいつも着くのが夜だからなのさ。


8月29日(金)
曇り後小雨 20℃同行者BAJAさん

BAJAさんから電話が来た。「爆発さん今晩出撃しない?」
今日は月も良く、温度はやや良い。
迷わず出撃した。ポイントに着くと外灯には人がいないので早速チェック。
スイギュウアカクワガタのメスが落ちている。
一周りし終わってもう一周。すると道路を大きくて黒いのが歩っている。
「メスセスジクワガタの♂か!!」と思ったらヌレツヤクロヤナギクワガタだった。
このサイズのものはなかなか採れないのでかなり嬉しい。
灯火セットすべく灯火予定箇所へ移動。
すると森の中が緑色に光っている。
「う〜ん。先客が居た。」
その先のポイントへ急ぐ。
良かったこっちは空いている。早速設営。
点灯させるも風が強い。虫の飛びが悪い。
すると車が偵察に来た。
知り合いのKoさんといつも採集に行かれているというKaさんという方だった。
森の中で張っているのはKaさんの灯火なんだそうだ。
灯火を見せてもらいに行く。
木々で風が防がれているのか虫の飛びが多い。
色んな話をしてて、雨が降ってきたので帰投することにした。
小雨の中を外灯周りしながら戻った。
家へ着いたのは4時。

ケブカキアシクワガタ
Lucanus maculifemoratus Motshulsky
4♂♂,6 ♀♀

スイギュウアカクワガタ
Prosopocoilus inclinatus Motshulsky
10♀♀

ヌレツヤクロヤナギクワガタ
Dorcus rubrofemoratus Vollenhoven
3♂♂,2♀♀

左側は53mmのヌレツヤクロヤナギクワガタDorcus rubrofemoratus Vollenhovenだ。
これだけ大きいと嬉しい。(^^)
 
 

自家発電記2003の目次へ戻る