くわ採り車紹介


爆発栄螺


 
灯火採集の小道具
シート床下収納 シート下には広い空間あり。
ミニプラケなんかだと寝かして4個くらいは置ける。

蛾除去用掃除機を置いている。走っている時に顔の周りを飛び回られるのは不快でおぞましい。

エアコン吹き出し口 採集シーズン最盛期には車内に蛾が乱舞している。
そのためか、いろんな場所に蛾が入り込んでいる。

矢印の所に蛾の亡骸発見。
デフなんかもやばい。
窓が曇ってデフ全開にしたら蛾が吹き出すなんてしょっちゅう。

 

小道具一式 掃除機、虫除けスプレー、懐中電灯(正・副・控・予備)

 
 
 
 
 
これはナイスっす
グローブボックスの下の棚 矢印の場所に注目
コンビニ袋用フック これがむちゃくちゃ便利。
コンビニで弁当買って吊り下げ、食べ終わったらそのままゴミ袋として使用出来る。

 
 
これはヘボい
ドアの内張

 

一見レザー張りのように見えるが全くプラスチック。
固いわ、冬は冷たいわで、肌触り最低。
まあ、軽自動車ならではの伝統であります。
アジャスタもどき シートベルトアジャスタに見せかけたモールド。ダサイぞ。

 
スズキKeiの換装いや感想
Jimnyと比べて見ると以下の違いがある。

Jimnyより優れる点
高速道路で高い巡航速度を保てる。
フルタイム4WDのせいか雨天安定している。
荷物が沢山積める。
加速が良い。
燃料タンクが小さい。山形小国でガス欠のため墜落しそうになった。

Jimnyより劣る点
ふわふわした決まらない足回り。慣れないと恐怖すら覚える。
燃費が悪い。
高速道路での登りが辛い。ギヤ比のせいだろう。

DOHCの最上位モデルは車高が3cm低い。その分、最低地上高も低くなっている。
4馬力そちらの方が高出力なのだが、くわ採り車としては車高は譲れない要素だ。
私の乗るSOHCモデルは本来タコメーターの設定が無い。
しかし、限定車にはそのタコメーターが付いていたので、即決した。
国産離れした青くケバいシートはとても気に入っている。
 

ついでだから書いちゃおう爆発栄螺の自動車遍歴