究極の昆虫採集バイク

爆発栄螺



 

人気のレジャーバイク「ホンダ ゴリラ」に
灯火採集で定評の発電機EU9iを合体。
自走発電機「ホンダ メカゴリラ」を発売なんちゃって


強い人気を誇り生産され続ける名車「ゴリラ」に、軽量・コンパクト・高出力と信頼性で自家用発電機灯火採集のくわ馬鹿標準機となった「EU9i」を搭載。倒木で通行困難な林道奥深くや離島でも灯火採集に威力を発揮。災害時にもその機動力により活躍することだろう。

駆動用エンジンと発電用エンジンは個別で、駆動用エンジンは信頼性と定評があるハンターカブ110のエンジンを搭載。
採集地では発電機部分を取り外し、従来の「EU9i」と同様に持ち運び使用が出来る。

ガソリンタンクは発電機側のものを駆動用エンジンが共用するので、発電機を取り外している時には走行は出来ない。

発電機は搭載された状態では排気が車体本体のマフラーに接続されるので、車載したままでの発電は可能だ。

従来のゴリラ同様にハンドルは折り畳みが可能。前後にキャリアを標準装備。
尚、リアキャリアはサブタンクのガードと成っているため取り外しは危険だ。
ウィリーした時にサブタンク地面に擦って燃えちゃうからね。(^^;

サブタンクを標準装備。燃料容量は合計6リットル。

オプションでシート下に収納される専用水銀灯安定器も同時発売。
400W1灯用、300W1灯用、200W2灯用の3種類あり。

 


 
ホンダ ゴリラ

 
●ユーザー希望小売価格 320,000円

 
主要諸元
通 称 名 メカゴリラ
全長×全幅×全高 (m)  1.365×0.625×0.880 
軸 距 離 (m)  0.895 
最低地上高 (m)  0.150 
シート高 (m)  0.660 
車両重量/乾燥重量 (kg)  77/72 
乗車定員 (人)  1 
燃料消費率(Km/L) 40Km/h定地走行テスト値 65 
最小回転半径 (m)  1.4 
エンジン型式 空冷・4サイクル・OHC・単気筒
総排気量 (cm3 105
内径×行程 (mm)  52.0×49.5
圧縮比 8.5
最高出力 (PS/rpm)  10/8,500 
最大トルク (kgm/rpm)  0.95/7,000 
キャブレター型式 PB21
始動方式 キック式 
点火方式 CDI式マグネット点火 
潤滑方式 圧送飛沫併用式 
潤滑油容量 (L)  1.1
発電機燃料タンク容量 (L)  2.4 
サブタンク容量 (L)  3.6(1.8X2個) 
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング(自動遠心) 
変速機形式 常時噛合式4段リターン 
変 速 比 1速  3.272 
2速  1.937 
3速  1.350 
4速  1.043 
発 電 機 交流定格出力  900VA 
直流出力  12V−8A 
連続運転可能時間 約8.7時間*〜約3.9時間
騒音レベル(7m) (1/4負荷〜定格負荷) 52*〜57dB(A) 
タイヤサイズ 前  3.50-8 35J 
後  3.50-8 35J 
ブレーキ形式 前  機械式リーディング・トレーリング 
後  機械式リーディング・トレーリング 
懸架方式 前  テレスコピック式 
後  スイングアーム式 
フレーム形式 バックボーン 
*:エコスロットル使用時
こういう全く夢みたいなバイクを本当に出してくれるメーカーだと信じてます。本田さん。(^^)


くわがた狂の大馬鹿者達!
 2002年冬号  目次へ