IL CERVO VOLANTE
Giorgio Taroni(ITARIA, 1998)
ELECTA
P100 105
中央
上 pentaphillus 上 fabiani  francia mer

下 fabiani italia centr

上   pontbrianti
中上 scapulodonta
中下 laticornis
下  nigrinus

 
日本には殆ど入ってこない亜種の貴重な箱だ。こんな大きいpentaphillusを見るのは初めて。
fabiani はフランス産・イタリア産が入っている。よく見てみると大顎の歯の位置が微妙に異なる。
scapulodontaはドイツの限られた場所に生息する。ババオウゴンオニクワガタの記載者であられる馬場勝氏から
伺ったことがあるが、同じ産地でも普通の形のものも採集されるらしい。書籍によっては奇形ともされている。
大顎の先端が欠けたような不思議な形で魅力的だ。しかしドイツでは保護昆虫であるし、その入手は困難だ。
せめて画像だけでもという方はこのIL CERVO VOLANTE(Giorgio Taroni)を購入するべきだ。
なぜなら、書籍で見られるのはこの本が唯一だからだ。