カメイ記念展示館 訪問記

爆発栄螺


亀井文蔵氏といえば蝶の収集家として有名である。その氏が収集した数は世界中で収集した蝶は4千種、16万頭にも及ぶ。仙台に於いてそのコレクションの一部がカメイ記念展示館に展示されているが、その展示館に沢山の甲虫も展示されていることは以外にも知られていない。仙台ではここ以外でこれだけの標本を見ることが出来る場所はない。駅から近いので仙台に出張される方には是非寄られることをお勧めする。



JR仙台駅西口から東京方面へ向かって徒歩8分の 
所にカメイ記念展示館がある。
エレベーターで7階に登り、右側へ行くと 受付があります。

受付右側には絵画ギャラリーが広がります。 
下のフロアにこけし・蝶のコレクションが展示 
されています。
こちらは亀井昭伍氏によるこけしのコレクション。 
戦前のもの多し。

Ornithoptera allotteiOrnithoptera victoriaeと 
Ornithoptera urvillanus 交雑したものだそうで、 
とても珍しいものです。 
また、様々な種類の雌雄一体型の標本もあります。 
Aporia kameiiという亀井氏の名の蝶もあります。





Page 1/3