抜いた歯は生えてきません、審美歯科、インプラントや矯正のトラブルは悲惨です.過剰な介入は控えて下さい.

東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844

東京都新宿区中落合 小西歯科医院

















歯科治療のプラスとマイナス

 歯科治療には、必ず得るものと失うものがあります.

 むし歯治療では噛めるようになる代わりに、健康なエナメル質を一部削りとります.

 インプラントはあごの骨に穴を掘り、健康な歯を抜いてしまうことさえあります.

 セラミックの白い歯は必要以上に歯質を削除します.
 抜いた歯は生えてきません、削った歯は元にはもどりません.

 インプラントや大がかりな補綴の失敗は悲惨です.

 歯もご自身のかけがえのない身体の一部です.

 歯科治療を受ける際には、そのメリット、デメリットをぜひ知っておいていただきたいと思います.

 そのために、このホームページが少しでもお役にたてればと願っています.

小西歯科医院が心がけていること

@ 歯を抜かない

どのような状態の歯でも“抜かない”で治療を進めます
《”抜かずに治す”》

A 先々のことまで考える

20年先、30年先にどうなるかを考えて治療をおこないます
《”先々のことまで考える”はこちら》

B 十分なコミュニケーション

患者さんとの話し合いを大切にしています
《“コミュニケーション”についてはこちら》

C 自然治癒力を生かす

自然治癒力を考慮した治療をします
《自然治癒力について》

更新情報

ホームページ内の記事や用語を整理するために、「索引・用語集」の項目を設けました.《索引・用語集》
重度歯周炎の症例を新たに加えました.
重度歯周炎・8mmの歯周ポケットの改善
歯周病の項を中心に新たな情報を加えて、なるべく分かりやすく書きなおしています.
《歯周病》《歯肉炎》《歯周炎》
《プラーク》 、《深い歯周ポケット》
《片山式ブラッシングの実際》を歯肉の治癒過程それぞれについて解説しました.
《治療開始期》《急性症状消失期》《歯間空隙現出期》《横一文字期》《見かけの治癒期》《治癒期》
2017.10.6

改訂も含めて今まで書かれた文章を時系列でお知りになりたいときは”小日誌”をご利用ください


歯を大切にする3ヶ条


歯科医療危機の光景

 日本の歯科医療はかなり危うい状況にあるのではないかと思っています.
《最初にこちらをごらんください》

1.不安をあおる歯科医療
2.過剰介入
3.勉強不足の歯科医
−力と咬合の視点から

歯周病に関する誤った定説

リンク

歯牙接触癖(TCH : Tooth contacting habit)

人間の歯は食べるときと唾を飲み込む時以外は離れているのが普通ですが、日常的に上下の歯を軽く接触させている人がいます.これが歯牙接触癖です.

歯槽膿漏-抜かずに治す

「歯槽膿漏−抜かずに治す」のpdfを少しずつ載せていく予定です.
 とりあえず、「まえがき」をアップしました.