抜いた歯は生えてきません、審美歯科、インプラントや矯正のトラブルは悲惨です.過剰な介入は控えて下さい.

東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844

東京都新宿区中落合 小西歯科医院


















歯科医療で大切なこと

@ 歯を抜かない

 自然に抜けおちてしまうものは仕方ありませんが、どのような状態の歯でも“抜かない”ことを前提に治療を進めます.
《詳しくはこちらをご覧ください》

A 先々のことまで考える

 その処置が20年先、30年先にどうなるかを考えて歯科治療をおこなう必要があると考えています.
《こちらもご覧ください》

B 十分なコミュニケーション

 歯科治療では患者さんと歯科医が充分なコミュニケーションをとることがとても大切です
《こちらをごらんください》

C 自然治癒力を生かす

 自然治癒力がどのように働こうとしているかを見極め、それを生かすことが歯科治療では重要です
《こちらをご覧ください》

更新情報

「抜かない、削らない、痛くしない」
 ネット上でみかけるこのキャッチフレーズ、ことはそれほど簡単ではありません.
《こちらから》
抜かずに治す歯科治療とは
 自然に抜けおちてしまうものは仕方ありませんが、どんな状態の歯でも患者さんの希望がなければ抜歯しません.
《こちらから》
抜歯の基準
 歯科医によって抜歯の判断基準はまったく異なります.
《こちらから》

今まで書かれた文章を時系列でお知りになりたいときは”小日誌”をご利用ください.


歯を大切にする3ヶ条


歯科医療危機の光景

 日本の歯科医療はかなり危うい状況にあるのではないかと思っています.
《最初にこちらをごらんください》

1.不安をあおる歯科医療
2.過剰介入
3.勉強不足の歯科医


歯周病に関する誤った定説

「日本人の8割が歯周病」あるいは「歯周病は命にかかわる」などの文言がネット上であふれかえっています.それらの表現は、”嘘ではないが誇張し過ぎ”という感じがします.

1.「日本人の8割が歯周病」というウソ
2.「歯周病を放置しておくと命に関わる」は大げさ
3.「抜歯しないと大変なこと」にはならない
4.「歯周病は定期検診を受けていれば予防できる」わけではない

5.「歯周再生療法は効果的」?
6.「エクストゥルージョンで歯を抜かないですむ」というのは間違い

リンク

歯牙接触癖(TCH : Tooth contacting habit)

人間の歯は食べるときと唾を飲み込む時以外は離れているのが普通ですが、日常的に上下の歯を軽く接触させている人がいます.これが歯牙接触癖です.

歯槽膿漏-抜かずに治す

「歯槽膿漏−抜かずに治す」のpdfを少しずつ載せていく予定です.
 とりあえず、「まえがき」をアップしました.
              
2017.8.3