抜いた歯は生えてきません、審美歯科、インプラントや矯正のトラブルは悲惨です.過剰な介入は控えて下さい.

東京都新宿区中落合2-20-6
TEL.03-3954-8844

東京都新宿区中落合 小西歯科医院



















@ どんな状態の歯でも抜かない

私たちは“歯を抜かない歯科治療”を行っています
 自然に抜けおちてしまうものは仕方ありませんが、どのような状態の歯でも“抜かずに治す”ことを心がけています.
 歯を抜かないことが将来の口の健康に役立つと考えているからです.

A 20年先、30年先を考えて歯科治療を行う

その処置が20年先、30年先にどうなるかを考えて歯科治療を受けましょう
 永久歯を抜いてしまえば、そのあとに歯は生えてきません.
 削った歯は元に戻りません.
 家や自動車が古くなればいろいろなトラブルを起こすように、インプラントも補綴物も長年使っていれば問題を起こすのが当たり前です.
 長い人生です.先々のことまで考えて歯科治療を受けてください


B 患者さんと歯科医のコミュニケーションを充分に

歯科治療では患者さんと歯科医が充分なコミュニケーションをとることがとても大切です
 同じむし歯や歯周病でもその病態は百人百様です.その患者さんが困っていることや望んでいることもそれぞれ異なります.
 患者さんの思いや考えと、歯科医のもっている知識、技術、経験をもとに十分話し合い、医患共同で歯科治療にあたらなければ成功はありません.


C 自然治癒力を生かす

自然治癒力がどのように働こうとしているかを見極め、それを生かすことが歯科治療では重要です
 歯科領域では、自然治癒力はあまり働かないと考えられています.
 しかし、第二ゾウゲ質の形成や歯の自然移動による歯周ポケットの改善などの現象は、すべて自然治癒力のおかげです.
 自然治癒力を生かすことを大切にしたいと思います.

抜かずに治す歯科治療

 私たちは“歯を抜かない歯科治療”を心がけています.
 自然に抜けおちてしまうものは仕方ありませんが、どんな状態の歯でも基本的には抜歯しません.

《全文を読む》

6/28は都合により休診とさせていただきます.ご迷惑をおかけして申し訳ありません.

更新情報

クラウンレングスニング、エクストゥルージョン
 クラウンレングスニングやエクストゥル―ジョンなどは抜を抜かないための処置ではありません.冠やブリッジがはずれないように補綴物をもたせるための手段です.
 クラウンレングスニングやエクストゥルージョンなどの処置ができる歯は抜くほど状態が悪くなっているわけではありません
《こちらから》
「歯周再生療法は効果的」?
 破壊された歯周組織を再生させる目的で、行う処置にGTR法とエムドゲイン法の2 つがあります。
 これらの処置はそのうたい文句ほど有効な処置ではありません.
《こちらから》
”治す”こと、”直す”こと
 歯周病や歯根破折の治療では”治す”ということと”直す”ということを分けて考えなくてはいけません.
そうしないと、削らなくてもよい歯を削られ、抜かなくてもよい歯を抜かれてしまうことになりまります.
《こちらから》
抜歯の基準
歯科医によって抜歯の判断基準はまったく異なります.
「抜かずに治す歯科治療」の立場からそれぞれの歯科医の抜歯の判断の適否を考えてみたいと思います.
《こちらから》
小西歯科医院・資料館
 小西歯科医院で行っている”抜かない歯科治療”を理解していただくのに必要な文献や症例を紹介するサイトを作りました.
 “抜かずに治す歯科治療”の症例写真もこちらでご覧いただけます.
《こちらから》

今まで書かれた文章を時系列でお知りになりたいときは”小日誌”をご利用ください.


歯を大切にする3ヶ条



歯科医療危機の光景

 日本の歯科医療はかなり危うい状況にあるのではないかと思っています.
《最初にこちらをごらんください》

1.不安をあおる歯科医療
2.過剰介入
3.勉強不足の歯科医


歯科治療に関する誤った定説

「日本人の8割が歯周病」あるいは「歯周病は命にかかわる」などの文言がネット上であふれかえっています.それらの表現は、”嘘ではないが誇張し過ぎ”という感じがします.

1.「日本人の8割が歯周病」というウソ
2.「歯周病を放置しておくと命に関わる」は大げさ
3.「抜歯しないと大変なこと」にはならない
4.「歯周病は定期検診を受けていれば予防できる」わけではない

5.「歯周再生療法は効果的」?
6.「エクストゥルージョンで歯を抜かないですむ」というのは間違い

お知らせ

初診の受付に関するお願い

 歯科治療は、患者さんと歯科医師が十分コミュニケーションをとったうえで、進めないと満足する結果は得られません.
 初診ご希望の方はおそれいりますが、お困りになっていることやご希望をメールか手紙でお知らせくださると助かります.
《詳しくはこちらから》

歯周病に関して 

歯周病とは

歯周病は歯周組織に発症する疾患の総称です
*代表的な歯周病には歯肉炎歯周炎 があります
*歯肉炎は歯周支持組織のうちの歯肉だけに炎症をおこした疾患です
*健康歯肉と炎症歯肉は、歯肉の色、形、構造物などで判断します.
*歯肉炎の原因はプラークです
歯肉炎の治療はプラークコントロールが主体です.
*プラークは細菌のかたまりです
*歯周炎は歯槽骨など歯周組織の破壊を引き起こします
*歯周炎の原因ははっきりと分かっているわけではありません
歯周炎の治療は細菌因子と宿主因子への対応が必要になります
*歯周病が全身と関連することが分かってきました.この概念をペリオドンタルメディスンといいます.
*歯周病と関連する全身状態としては心疾患、脳梗塞、 糖尿病、 早産低体重出産などがあります.

片山式歯周病治療法

片山式歯周病治療法は別名自然良能賦活療法といいます
*自然良能賦活療法は片山式ブラッシング食生活改善が重要な柱です
*片山式歯周病治療は、患者さんと歯医者が共同でことにあたらなければ成功しません.このことを“医患共同作戦“とよびます
*片山先生の本として「歯なしにならない話」「歯槽膿漏-抜かずに治す」が有名です
*片山式歯周病治療法は片山セミナーによって全国の歯科医に知られるようになりました
*セミナーでは歯科医としての心構えの話もありました:我包帯す神癒し賜う 人間この未知なるもの ときに癒し、しばしば和らげ、つねに慰む  プロフェッション  未審交感 自然治癒力
*片山式歯周病治療法の特徴として、非外科処置があります

私たちの歯周病治療

*私たちの歯周病治療を「オーラルフィジオセラピー」といいます.
*オーラルフィジオセラピーは片山式歯周病治療法安保徹先生の免疫論によって発展させたものです.
*治療は細菌のコントロール宿主因子のコントロール力のコントロールを主体に行います
*宿主因子のコントロールは不明な点が多く、臨床的にはアプローチが難しいのですが、片山式歯周病治療と安保免疫論の融合でそれが可能になります
歯周炎発症のメカニズムは安保免疫論によって解明できます

インプラントに関して


 インプラントの問題点
*インプラントはネットなどで宣伝されているほど優れた治療法ではありません.(目次)
*インプラントを推奨する歯科医院が宣伝する裏には数々の危険性トラブルが隠されていま.す
*術中、術後のトラブルだけではなく5年、10年経過してから問題を引き起こすことも稀ではありません.
死亡事故をはじめ重篤なトラブルも報告されています.
*最も頻繁におこるトラブルはインプラント周囲炎です.
*インプラントを入れるために抜かなくてもよい歯まで抜歯の対象となってしまうことも多いようです
*埋入に成功しても、すべてのケースにおいて満足する結果を得られるわけではありません
特に若い時にインプラントを埋入してしまうと、将来思わぬ悲劇にみまわれることになってしまいます
*インプラントを埋入するときは先々のことも考えて慎重に考えて欲しいと思います.
*多くの問題点があるにも関わらず、インプラントを勧める歯科医が多いのは、医院経営という面がからんでいるからです.

リンク


歯牙接触癖(TCH : Tooth contacting habit)

人間の歯は食べるときと唾を飲み込む時以外は離れているのが普通ですが、日常的に上下の歯を軽く接触させている人がいます.
 これが歯牙接触癖です


小西歯科医院での治療をご希望の方

私たちの歯周病治療に対する考え方を記してあります.ページの一番下にある「来院をご希望の方へ」を参考に、メールあるいは手紙を書いていただければ幸いです.

歯槽膿漏-抜かずに治す

「歯槽膿漏−抜かずに治す」のpdfを少しずつ載せていく予定です.
 とりあえず、「まえがき」をアップしました.
              
one drive casecaries fracturegingivitisperiodontitislesion