上海 Shanghai ■ホームへ戻る
■旅のページへ
上海新天地・街角いろいろ   二日目
■ホームへ戻る
■旅のページへ 

上海旅行

関空〜上海
上海博物館
聚之坊工芸品市場
豫園・豫園商城・外灘
上海新天地

 
最後の日は、あちこち歩きまわり、上海新天地とおぼしきエリアに入り込んだ。
飲食やショッピングのある娯楽センターであった。
青煉瓦と黒煉瓦造りの建物が軒を並べている。
シックな中にもしゃれた店が連なっている。

ここで、中年の品のいい紳士に呼び止められ、

「そこで美術展をしているので見に行きませんか?私はこういうものです」

と名刺を渡された。
名刺には何とか美術大学教授と書いていて「日本にも行ったことがあります」という。

しかし、どうもうさんくさく、適当に受け答えして精一杯話をさせた後断ると、渡してくれた名刺を戻してくれといい、そそくさと立ち去った。
どうも日本人はカモにされやすく、特に私はカメラを提げて眼鏡をかけて、あちこち眺め回しているので、声をかけやすいのかなと思う。

上海 上海
上海 上海
(やっぱり古い建物の方がいい)
  上海
(銭湯?)
上海
(洗濯もの干し場)
  上海
(立ち退きに応じて引っ越し)
上海
(泊まったホテルのロビー)
 
いろいろまたもや珍道中であったが3日間の上海旅行は終わった。
2010年には上海万博があるが、それに向けて急ピッチで工事をしていた。
もう昔の面影をとどめる懐かしい町並みは消えているだろう。

経済成長著しい中国の、その先端を行く街を見ることが出来てよかった。
今は自転車が道いっぱいだが、もし次回ここに来ることがあったら、自動車と自転車の比率は逆転しているかもしれない。
しかしそうなれば今よりさらに空気が汚れるだろう。

実は、この旅行で私は軽い気管支炎になった。
とにかく3日の滞在中喉のいがらっぽさが消えず、日本でさらに悪化してしまった。
息子はさらに悪くなっていた。

経済発展もいいが、日本の高度経済成長の悪さ加減を知ってもらって今から空気を綺麗にするための手を打ってほしいと思った。
しかし中国独特のパワーと明るさが楽しくまた来たいという気にさせるいい旅であった。

カメラ:オリンパスOM-1
レンズ:ズイコー28mmf3.5、トキナー70−210mmf3.5−5.6、ズイコー50mmマクロf3.5
フィルム:コダックポジフィルムASA100
デジカメ:サンヨーザクティ

 
▲ページトップへ
■旅のページへ
■前のページへ