本文へスキップ

熊野古道 大辺路

田辺から風光明媚な海岸を南に下ります 

海岸を歩き、峠を越え田辺から那智勝浦の浜の宮まで。
山と海の両方の自然が楽しめます。

ギャラリー

蟻通し神社
大辺路を歩き始めた。

午前10時半に田辺駅に着き、駅前の駐車場に車を入れ歩き始めた。
ここ田辺市は、和歌山藩の家老、安藤帯刀直次が三万五千石を領して住んだ城下町である。明治維新まで続いた。城の跡は、秋津川の河口近くにある。

さて古道であるが、まず道標を探した。
北新町商店街の中程に道標がある。
ここは中辺路と大辺路の分かれ道でもある。中辺路を歩いたときにここを確認し、歩いたことを思い出した。道標には、「右きみゐ寺、左くまの道・すくハ大へち」とある。

商店街を南に進むと、蟻通神社がある。
神社の入り口には、洪水の浸水を示す碑がある。これでいくとこのあたりはほとんど水没したことになる。

蟻通神社(ありとおしじんじゃ)熊野古道 大辺路 田辺

地元では「御霊さん」と呼ばれ親しまれており、知恵の神様という。楠の木がシンボルツリーで、安政の大火の時に水を噴いて町を守ったという伝説が残っている。境内にはイチョウやエノキなどの大木もある。
入口正面には黒い大きな馬の像がある。
後ろの楠の木の周りには牛の像と鹿の像が置かれてある。本殿は奥に進み、突き当りを左に本殿がある。
蟻通しの由来

むかしのことです。

ここ紀州田辺に外国の使者がやってきました。

その使者は、
『今から出す問題を解いてみよ もし解けなければ日本国を属国にしてしまう』といいました。
そして、持ってきた法螺貝を出して、その貝に一本の糸を通すことを命じました。

日本の神がみは、この難問にたいへん頭を痛めました。

その時、ひとりの若い神様が前に進み出て『私が法螺貝にその糸をその糸を通してみせましょう」といって貝の口からどんどん蜜を流し込みました。

蜜は、貝の中の複雑な穴を通り抜けて貝尻の穴へと流れ出しました。

そして、この若い神様は蟻を一匹捕らえて糸で結び貝の穴から追い込みました。蟻は甘い蜜を追って、複雑な貝の穴を苦もなく通り抜けました。

蟻の体には糸が結ばれていますから法螺貝には完全に糸が通ったのです。
これを見た外国の使者は『日の本の国はやはり神国である』と恐れその知恵に感服して逃げ帰りました。

日本の神がみは、たいそう喜んで『我国にこれほどの賢い神があるのを知らなかった』といって、その若い神様の知恵をほめました。
そして、蟻によって貝に糸を通したことにより蟻通しの神と申し上げるようになりました。
今では知恵の神とあがめられています。
熊野古道 大辺路 田辺
熊野古道 大辺路 田辺
(道標)
熊野古道 大辺路 田辺
(水害の水位を示す碑)
熊野古道 大辺路 田辺
(大きな楠。火事の時は水を吐いたという)
熊野古道 大辺路 田辺
(神社境内)
熊野古道 大辺路 田辺
(楠の後ろの牛)
熊野古道 大辺路 田辺
(本殿)