Katsuragawa,Jun's Book Design

これまで装丁を手がけた本から、
印象に残ったものをとりあげてみました。

→「装丁した本・一覧」へ

book image

■ 単行本/随筆・随想・詩歌

『ニッポン旅みやげ』/池内 紀=著/青土社/2014年

『美しい日本語』/中村 明=著/青土社/2014年

『デデムシ──新美南吉詩歌集』/新美南吉=著、石川勝治・斎藤卓志=編/春風社/2014年

『俳句で綴る 変哲半生記』/小沢昭一=著/岩波書店/2012年

『高峰秀子──人として女優として』/貴田 庄=著/朝日新聞出版/2012年

『惜櫟荘(せきれきそう)だより』/佐伯泰英=著/岩波書店/2012年

『ピアニシモな豚飼い』/杉田 徹=著/西田書店/2011年

『老いも楽し』/酒見綾子=著/新宿書房/2011年

『私の日本語雑記』/中井久夫=著/岩波書店/2010年

『フォルティシモな豚飼い』/杉田 徹=著/西田書店/2009年

『そこは自分で考えてくれ』/池田清彦=著/角川学芸出版/2009年

『大江満雄論──転形期・思想詩人の肖像/渋谷直人=著/大月書店/2008年

『溶ける街 透ける路』/多和田葉子=著/日本経済新聞出版社/2007年

『ゆの字ものがたり』/田村義也=著/新宿書房/2007年

『ぼくはいくじなしと、ここに宣言する』/森 毅(もり・つよし)=著/青土社/2006年

『もうろくの詩』/森 毅(もり・つよし)=著/青土社/2008年

『思索の淵にて──詩と哲学のデュオ/茨木のり子、長谷川 宏=著/近代出版/2006年

『魂のみなもとへ──詩と哲学のデュオ/谷川俊太郎、長谷川宏=著/近代出版/2001年

『哲学者の休日』/長谷川宏=著/作品社/2001年

『びるま』/日和聡子=著/青土社/2002年

『ありのすさび』/佐藤正午=著/岩波書店/2001年

『象を洗う』/佐藤正午=著/岩波書店/2001年

『豚を盗む』/佐藤正午=著/岩波書店/2005年

『TVドラマが好きだった』/岡田惠和=著/岩波書店/2005年

『幸運な医者』/松田道雄=著/岩波書店/1998年

『台所の詩人たち』/岩阪恵子=著/岩波書店/2001年


Top page