ゲーム紹介&感想
<概要>
『マーメノイド』は1999年エクシングから発売されたプレイステーション用RPGです。
シナリオは『ファイナルファンタジー1〜3』のシナリオを担当した寺田憲史、キャラクターデザインは『十二国記』等で有名な山田章博氏が担当しています。
また、『東京魔人学園剣風帖』等で有名な「SHOUT! DESIGNWORKS」が制作に関与しています。
オープニングCGは当時ではトップクラスで、ヨーロッパの「IMAGNA’99」でゲーム部門第3位を獲得しました。
理想郷と言われる女性だけが住む人魚世界「マーメノイア」を舞台にした物語です。
といっても、プレイすればわかりますが、ギャルゲー味は皆無です。
登場人物が全員「人魚」であり、二本足の人間や地上世界は登場しません。
辺境の村に住む主人公アーディンが不思議な指輪を拾ったことから事件に巻き込まれ、自らに隠された謎とマーメノイア創世の秘密を解き明かしていくというものです。
主人公は人魚ですから、飛ぶように泳いで移動します。
魚というより鳥になったような感じの移動が出来、階段や梯子を「登る」ことなく、家の上を飛び越えて移動できます。
キャラには顔が無く、ミュージカルのようなアクション(両手を掲げる、くるくる回るなど)を繰り広げるところに人形劇のような独特の味わいがあります。
音楽はメロディーが非常に美しく、廃盤ですがサントラCDも発売されており、高い評価を受けています。
最近では1万円を越える高値で取引されており、入手は非常に困難です。
TSUTAYAのこのページで全曲試聴できます。
クリアはとても易しく、冒険で手に入るアイテム、必殺技と回復魔法を覚えておけばラスボスにも楽勝です。
欠点としては操作性に難があることで、
○ボタンでしか前進できず、十字キーでは移動できません。(十字キーの上で浮上、下で降下)
ポリゴンも粗いので、映画のような画面でないと耐えられない人には向きません。
また、あまりにも重い物語なだけに好みが分かれるため、ストレス解消したい人は止めた方が良いと思います。
攻略本は絶版ですが中古で入手可能。間違いも多いので注意が必要です。
原画集・設定資料集として『Meremanoid artbook』が絶版ですが発売されており、やや高値ですが中古で入手できます。
この本に収録された山田氏のカラーイラストは『山田章博の世界 ファンタジーアートワークス』に再収録されています。
取扱説明書や攻略本にある「大粒の真珠」「アメジスト原石」「古代魚の杖」「イカの骨の大剣」「サクラ貝の鎧」「大王イカの骨の盾」「世界の壁」、必殺技「ドルフィンブロウ」や宿の支配人ハインはゲーム中に登場しません。
取扱説明書ではメーエリアやメーベガスの名前が少し違っています。
<攻略本>*攻略情報の参考に使いました。
マーメノイド公式ガイドブック ワンダーライフスペシャル」(小学館)
超攻略本 ゲームの歩き方BOOKSシリーズ マーメノイド」(徳間書店)


<関連作品について> 注・未確認情報多数
ゲーム中にキーポイントとして霊峰の里と魔導霊士が登場しますが、これは1991年に刊行された寺田憲史氏の小説『朱鬼シオンー魔道霊士(アガディーン)伝』シリーズにも登場するようです。
主人公は
妖刀「魔翔二葉」を武器にする霊峰山の魔道霊士です。
(ネットには「魔道霊士シュオン」というRPGの名前が載っていますが、この小説のゲーム化企画なのでしょうか?)
ゲームの先行作品として放映された1997年のTVアニメ『深海伝説マーメノイド』(絵柄やキャラはこんな感じ)は、ゲームの二千年前の世界が舞台らしいですが、主人公ミスティ・ジョーも霊峰山の魔道霊士です。
これは世界征服を企む闇の力・ダークリーフに従う魔道霊士ルースミラーとジョーが戦う物語で、ルースミラーに追われるアガディア国のレオン王子とライラ王女、二人の持つ「ハーメルの貝」が登場するようです。
物語は違いますが、キャラクターはゲームと似ているらしく、マーライオンやマーイーグル、マーダム(ゲームと同一人物か不明)やDr.ジェイドというキャラ、「ジェシカの貝」「魔海双葉」 というアイテム(?)も出るらしいです。
また、ゲームのレア魔法「ヘヴンザブレイド」は、創造神の持つ「すべてを浄化する剣」を召喚し、敵味方全員を攻撃するものとゲームで説明されていますが、アニメには「浄化の剣」という重要アイテムが登場するようです。
ジェシカとハーメルはゲームのマザー姉妹の俗名であり、セーラはジョー、レオンはアーディン、ライラはティアラ、オズはルーク、Dr.ジェイドはジハイドと似ています。(ライラはティアラの先祖?)
『Meremanoid artbook』掲載のゲーム原案では、セーラの名前はセーラ・ミスティで「魔性双葉」という剣を探す旅をしている設定でした。
ゲームには
「魔性双葉」は登場しませんが、セーラが短剣の二刀流使いであったり、武器に「魔剣黒竜」「魔海流のロッド」があることがその名残りかもしれません。
(追記・このページの画像を見るとアニメのエンディングにアーディンが登場している・・?)

<戻 る>