レナ・ランフォード
<Rena Lanford>

キャラクター紹介

中国・台湾では「蕾娜・拿科特」
〔声・飯塚雅弓〕

 
辺境の山村・アーリア村の少女。
実はアーリア村の出身ではなく、子供の時、森の中で拾われた。
そのときに身につけていたペンダントのみが身元を知る鍵である。

生まれつき、エクスペル人や地球人らには無い神秘の治癒能力を持っているが、 不思議な霊能力が隠されている。
セリーヌらの使う紋章術はできないものの、山村出身だけあって体力や腕力はあるらしく、敵に心を操られたときにはクロードを数回投げ飛ばしたことも。

素直で優しく、まっすぐな性格であり、他人に気を遣う健気で繊細な面がある。
おとなしい少女に見えて、意外と気が強く、自分の信念は曲げないという意志の強さを持っている。
非常時には棍棒で戦ったり、盗まれた荷物を取り戻すため一人で泥棒を追いかける場面も。
数々の場面で冷静な判断力も発揮しており、けっして足手まといではないが、ミステリアスな面もある。
ちなみに、第六話まではクロードに敬語を使っていたが、回を増すごとにくだけた口調になっていった。

幼い頃から、世界各地で広まっている「勇者伝説」に憧れて育つ。
本人が否定した後も、クロードが「伝説の勇者」だと信じ続け、その「お手伝いがしたい」と旅に同行するが、次第にクロード自身が好きになっていく。
旅の途中で彼の孤独で弱い面を知り、クロードを守りたいと思うようになる。

〔トップへ〕
戻る