日米軍事再編・基地強化と闘う連絡会議

経過報告


総会アピール



第三次厚木爆音訴訟団

キャンプ座間
第1軍団移駐歓迎しない会



神奈川平和運動センター


フォーラム平和・人権・環境


追跡!
在日米軍



ニュース

ニュース



非核市民宣言ヨコスカ


ヨコスカ平和
船団


沖縄タイムス


琉球新報


岩国ピース


岩国住民投票を成功させる会


きよこの沖縄
日記



原子力空母の横須賀母港化を考える市民の会

沖縄米軍
バックナンバー



予備辺野古への海上基地建設・ボーリング調査を許さない実行委員


2006年6月18日
「米軍再編と自治体」市民フォーラム 共同宣言

私たちは本日、在日米軍再編「日米合意」に反対して、関連する基地周辺の自治体や市民、そしてそれら以外の地域の市民も参加し、横浜市に集いました。

日米両国政府は、改編される基地を抱える自治体の理解の得られないまま、昨年秋の「中間報告」を経て、去る51日、在日米軍再編に関する最終報告を明らかにし、これを強引に各自治体に押し付けようとしています。

しかしこれらの地域では、自治体と住民が一体になって、「基地強化反対」の声を上げています。山口県岩国市の住民投票や市長選では、岩国基地への米軍移転反対の意思が明確に示され、沖縄市長選挙でも、市民は嘉手納基地反対の意思を明らかにしました。神奈川県の座間市や相模原市、鹿屋基地のある鹿児島県鹿屋市や新田原基地のある宮崎県新富町でも、行政や自治会が連携しながら反対運動がおこなわれています。宜野湾市も、普天間飛行場の閉鎖・全面返還の実現に向けた取り組みを続けています。辺野古でも、新基地計画に対して8割以上の名護市民、7割以上の沖縄県民が反対の意思を示しています。

政府は、これらの声を個別に分断し孤立させようとしてきましたが、各地の自治体や市民は粘り強く声を上げ続けてきました。本日の集いにおいても、私たちは各地域の声をあらためて互いに強く認識し、自治体の取り組みや市民の活動の経験を学びあい、共有することができました。

今回の再編は、世界規模の米軍の軍事作戦行動に対応するものです。これは、日米安保条約を事実上改定するものであり、各地の基地機能がより強化・高度化され、私たちの国や地域が米軍の世界戦略に一層強く巻き込まれていくことを意味します。すでに、今回の再編計画に直接明記されたものだけでなく、横須賀港へは原子力空母配備が計画され、米軍艦船が全国各地の民間港へ執拗に入港を繰り返し、さらに米国のミサイル防衛計画のための米軍と自衛隊の一体的なレーダー基地網の建設も進められようとしています。しかも、在日米軍(基地)の改編に要する3兆円ともされる費用の日本側負担も目論まれています。

今や、「米軍再編」問題は、直接関係する基地周辺の自治体や市民にとってだけではなく、広く日本全体の、そして世界の人々の安全や平和に関わる問題だということを、私たちはあらためて認識しなければなりません。

私たちは、関連自治体や国民の頭越しになされた政府の「合意」など認めません。私たちは、今回のフォーラムで明らかになった課題や互いに学んだ成果を活かし、地域の、全国の、そして全世界の平和を求める声や力とともに、無謀で危険な「在日米軍再編強化」を止めるため、これからも力を出し合うことを誓い合って、集会宣言とします。

2006618日          

「米軍再編と自治体」市民フォーラム参加者一同


     
日米軍事再編・基地強化と闘う全国連絡会 声明  2006.5.1 

日米軍事再編・基地強化と闘う全国連絡会

共同代表  安次富浩 金子豊貴男

 本日、5月1日 日米両政府は、ワシントンで2+2、日米安全保障協議委員会を開き、米軍再編の最終報告をまとめ発表した。

 この最終報告は、基地が強化される全国各地の自治体や住民が反対し、基地の強化、負担軽減を求めてきたことを全く無視した、住民無視、地元無視の、きわめて不当な内容である。とても容認できるものではない。

政府が住民の声を無視して、それを押し付けても住民・自治体は従うものではない。最終報告はただの紙切れでしかない。それは95年の沖縄・SACO合意が実証している。10年かけても辺野古沖に杭1本打てなかったではないか。

 今日も全国の基地で、米軍や自衛隊は激しい訓練をして、基地周辺住民に甚大な被害を押し付けている。街づくりの障害、墜落の恐怖、度重なる兵士の凶悪犯罪、基地があることの問題点は枚挙にいとまがない。この住民負担がなくなるには基地をなくすしかない。米軍は本国に帰るしかない。然るに最終報告は基地や訓練のたらいまわし、自衛隊の強化を打ち出している。

基地が強化こそすれ、負担が軽減される内容はほとんどない。そして財政負担である。日本国民の税金で米国の基地を整備するなど言語道断、国民は納得しない。

私たちは政府間でなにを決めようとも、住民・市民は粘り強く反対の運動を進める。

「米軍も自衛隊も歓迎しない」の声を更に強め、全国の連携を強め、あらゆる活動を進め、長い長い、基地撤去の運動を進める。


日米軍事再編・基地強化と闘う全国連絡会 

ご挨拶

2006年2月3日 全国で日米の軍事再編と闘っている市民団体が集って 「日米軍事再編・
基地強化と闘う全国連絡会」を結成しました。

 2005年10月29日 日米両政府が発表した共同文書「日米同盟:未来のための変革と再編」
の中で、日本国内の多くの米軍基地、
自衛隊基地が再編の対象として強化されることが提起されました。
この中間報告で示された多くの基地に関連する自治体も市民団体も、基地の強化に反対して
様々な運動・活動を展開しています。

私達はこの米軍・自衛隊の基地の強化に反対して活動を進める多くの市民団体が、
お互いに連携し、情報交換を行ない、日米両政府の基地強化を認めない!許さない!
と全国の連絡組織を結成しました。

そして当面の行動を3月、全国で連鎖的に行なう事 
HPを立ち上げて情報の共有化をはかることとしました。

このHPはそのためのものです。可能な限り全国の活動を紹介し、活動の連携、
連隊を図って行きたいと思います。 皆さんのご協力 ご支援をお願いします。

 日米軍事再編・基地強化と闘う全国連絡会 

 共同代表   安次富 浩  金子豊貴男  


全国連結成集会スナップ

















あなたは 番目の訪問者です